忍者ブログ

30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館

30代の婚活や30代女性にまつわる色々な話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お医者様との合コン その後6

私の友人Y美。


一緒に、お医者さまたちと合コンして、
Bさんという男性と出会って、
その後・・・



非常に不安定な状況になっております。



というのも、
やっぱりというか、なんというか、
その兆しは、ものすごくあったんだけど、
Y美はBさんにハマってしまっていて、
だからといって、
Bさんは、Y美のことを本気で好きではないっぽい。


私が心配していたとおりの展開。


あんなに明るかったY美が、
最近、私と会うと、


「どうしよぅ」


と、そればっかり言ってます。



う~ん。くやしいけど、何もできないっ。


無理やり、別れさせるとか、
そんなの聞くタイプじゃないしなぁ。
(まぁ、子どもじゃないし。そんなの、誰もきかないだろうけど)



もうちょっと、
2人の今の状況を具体的に言うと、
たとえば、こんなことがあります。

Y美に対して、お医者さまBさんが放った言葉。



「僕はY美ちゃんのこと大好きだよ。一緒にいてすごく楽しいし、ずっと一緒にいたい。でも、僕たち結婚して家庭を持つっていう関係ではないと思うんだ」



本気で、こういうこと言いますからね。

もう、憎いっ。



こういうのって、つまり裏を返せば、


「面倒なことは言わずに、都合のいい女でいてくれよ」


ってことですよね。



こんなのが通用すると思ってるんだから、
もう、ため息です。


そして、


「何いってんの、あんた。そんなこと言うなら、私、帰る。バイバイ」


ってY美も言えないんですよねぇ。


私の周りにも、
同じような状況の女の子が、
ちょっといて、
もう、本当に「好きになる」って、
色々種類があってむずかしい。



「もうさっさと別れなよ。全然、いい人じゃないじゃん」


と私が言うと、


「うん。いい人じゃないんだけどね。でも、好きなんだよね」


とY美が言います。


「どんなとこがいいの?」


と聞くと、


「う~ん。何か頭がよくって、自信があるところかな」


とY美。


確かに、私もSさんの自信を持って行動してるっぽいとことか、
好きなところの一つだけど、
でもなぁ、誠実な人じゃないとダメだよなぁ。


「それにね、何ていうか、一緒にいるとキラキラできるっていうか」


とY美。


「それ、キラキラしてるとこに連れて行ってくれてるだけじゃないの?」


と私が言うと、黙っちゃいます。


でも、ちょっとは分かるんだよねぇ。


何ていうか、良いか悪いかはともかく、
ある種の男性って、
ちょっとだけ非日常に連れて行ってくれる感じがあるんですよね。


そして、そういう非日常な瞬間って、
女性って正常な判断ができにくくなっちゃうし、


「今、楽しいんだもん。しょうがないじゃん」


って、考えちゃいがち。



う~むむむ。



「そもそも今、Bさんと正式に付き合ってるの?」


と聞くと、


「私のことが好きって言ってくれてる」


「本気で?」


「たぶん。それは本気で」


「他にも同じような女の子いたりしない?」


「・・・たぶん、いると思う」



やっぱりね。

もう、ダメだよ。そういうんじゃ。

泣いてばっかりになるよ、これから。



「でも、好きだからしょうがないし。結婚を我慢すればうまくいくから」


「結婚したくないの?」


「したいよ。でも、今は、それより一緒に遊んだり、ごはん食べたり、それだけで幸せだから」


ちょっと、力強くはないけど、
はっきりとそう言うY美。


もう、きっと、
私に会う前から結論は出していて、
ただ、それを吐き出したかっただけなんだと思う。


そういうのに、
私を使ってくれるのは、ありがたいんだけど、
とにかく、先が心配だよ。


私から見ると、
Bさん、全然本気じゃないっぽいし。


こう言っちゃなんだけど、
簡単に言うと、遊びだと思うし。


Y美は「結婚は今、考えてない」っていうけど、
それって、「終わりが見えてる恋愛」って気もするし、
やっぱり、
最後は、
泣くことになる気がする。



う~~~ん。



私も、状況は大分違うけど、
高校時代の恋愛をきっかけに、
ものすごく負の心に苦しめられたからなぁ。


この年で、そういうのやっちゃうと、
何か致命的に心の一部を損ないそうで怖いよ。


Y美自身が軽い感じで付き合ってればまだしも、
まじめに好きになっちゃったからなぁ・・・




その後、
あえてそれ以上はつっこまずに、
仕事の話とかをしました。

でも、今回は、
あんまり盛り上がりませんでした。

本当は、私のこれからのSさんとのラブラブ作戦などを、
教えてあげようと思ったのですが、
とてもそんな状況ではなく。



家に帰って、
お風呂に入って、
顔をしずめながら、


「恋愛はいくつになっても大変だぜぇ」


と、漠然と考えました。




(おまけ)

Sさんとのメールのやりとり、
しっかりと続いています。

ほんの少しずつしか進まないけど、
何とか、がんばってます。

早く水族館に行って、
イルカのショーとかに、
ふたりで出たいです。


そして、進行の女の子から、


「ご夫婦でいらっしゃいますか?」


と聞かれて、勝手に、


「はいっ」


って返事したいです。


その後、「てへっ、やっちゃった」見たいな顔で、
Sさんの方を振り返ったりしたいです。


怒らなければいいなぁ。

PR
  
Copyright ©  -- 30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]