忍者ブログ

30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館

30代の婚活や30代女性にまつわる色々な話。

カテゴリー「お医者様との合コン」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お医者様との合コン その後4

今日は、お医者さまAさんとの交際希望のNちゃんと、
ランチしてきました。


合コンに一緒に行き出してから、
Nちゃんとも、
よくしゃべるようになったなぁ。


さて、お店の席に着くなり、
Nちゃんのお話です。


「ねぇ。やっぱりさぁ、Aさんって、私に興味ないよねぇ。今までの感じだと」


とNちゃん。今日のお顔も曇り空気味です。



私「う~ん。今の段階では、そうかもね。でも、今度会うんでしょ」


Nちゃん「うん。まぁね。でも、4人でだよ。お友達連れておいでよって言われて。それって、私には興味ありませんって宣言してる感じだよね」


私「でも、ほら、なんかAさんって、顔を合わせてしゃべるのとか、苦手そうだったじゃん。だから、4人のほうが、しゃべりやすいんじゃない」


Nちゃん「そうかなぁ。それならいいんだけど。あんまり、良い方にばっかり考えてると、ガツンとこられたとき、キツイしなぁ」



確かに、楽観的過ぎても、
いざっていうとき、キツイよなぁ。

Nちゃんの言葉を、
自分自身にも、言い聞かせます。


私「そういえば、もう一人の女の子は誰が行くの?」


Nちゃん「あぁ。私の友達のLちゃん。知ってるんだっけ?」


私「あぁ、Lちゃん。知ってる」


Nちゃん「もう、超ノリノリだよ。今。お医者さん大好きな感じ」


私「そうなんだぁ。Lちゃんって、可愛いよね。何かアナウンサーみたいな綺麗な顔」


Nちゃん「そうなんだよね。Aさんも、Lちゃんのこと、好きになっちゃうかも。大丈夫かな」


私「Nちゃんも可愛いよ。十分。お花みたいだよ」


Nちゃん「ほんと?」


私「ほんとだよっ」


Nちゃん「んもう、そんなこといってくれるの○○ちゃん(私のこと)だけだよ」



Nちゃんのモヤモヤも、
ちょっとだけほぐれたところで、
パスタを食べます。


私は、今日は、
カロリー少なめっぽいパスタにしました。


何といっても、
運命の彼とのお食事会が待っていますからね。ふふっ。



Nちゃん「そういえば、アナウンサーって言えばさ」


私「うん」


Nちゃん「この前、ニュース見てて思ったんだけど、○○ちゃん(私のこと)って、フジテレビの秋元アナに似てる」


私「ん? だれ、その子」


Nちゃん「なんか、夜のニュースに出てる人」



むむ~ん。と、記憶をたどってみると、
何となく顔が浮かんできます。



私「あの、ちょっとクール目の女の子?」


Nちゃん「そうそう。ちょっと大人っぽい感じの。あんまり、笑わない感じの」


私「ええっ。超かわいいじゃん。私、あの女の子好きっ」



そうかぁ。そんな風に見えてる人もいるのかぁ。

うんうん。いいね。いい兆しだね。


・・・と、ニヤニヤと調子に乗っていると、




Nちゃん「その秋元アナを、ちょっと不完全にした感じ」




・・・いいよ。そんなこと付け足さなくて。

そういうのは、心の中にしまっておくものだよ。Nちゃん。



まったく。最近は、さりげなく、私にも毒を吐くようになってきたよ。この子ったら。




私「ま、まぁ不完全でもうれしいよ。ありがと」




その後、
Nちゃんと今後の展望などをお話ししました。


パスタを食べた後に、
おいしいマフィン屋があるというので、
そこでマフィンを食べながら、
もうひとおしゃべり。


Nちゃんは、
本当に色んな事を頭の中で考えてて、
それをしゃべるだけでも、
もう全然時間が足りないような感じでした。


お別れするときに、


「ごめ~ん。今日、私ばっかりしゃべってたね」


と謝るNちゃん。


いいんだよ。分かるよ。

成就させたいんだもんね。その恋。
夢中になっちゃうのも、
よ~く、わかりますよ。


「うまくいくように、いっつも祈ってるからね」


と言うと、


「ありがとうぅ。うまくいったら、たくさん美味しい物おごるからね」


とNちゃん。


私、どれだけ食いしん坊キャラなんだろぅ。



(おまけ)

最近は、ストレッチの時に、
えびぞりみたいなやつを、
何回もやります。


その姿を鏡越しに見ると、


「私も必死だな」


って思います。

PR

お医者さまとの合コン その後2

お医者さんとの合コン、
その後第2弾です。


昨日の記事に、
お医者さん(男)という人種について、
ちょっと気になるコメントをいくつかいただいたので、
考えてみました。



まず、実際問題として、

1、やっぱりお医者さんはモテる
2、お医者さんは浮気する


これは、
もう業界(業界って言うか分からないけど)では、
当然のことらしいです。


くぅ。

噂には聞いてたけど、
リアルな話を聞くと、
胸にしみるぜぇ。


確かに、Y美とかは、
合コン中から、その匂いを察知してたんだけど、
私なんて、全然そんな感じしなかったなぁ。

こういうところが、
甘いんだろうなぁ。

(まぁ、Cさんが浮気する人か確定したわけではないんだけど)



こういう事情をちょっと頭に入れて、
今後のコミュニケーションに生かしてみたいと思います。



さて、ワタクシ考えたのですが、
そもそもどうしてお医者さんってモテるんでしょう。


すぐに思いつきそうなのは、

・やっぱり、給料がいい

でしょうか。

私も、これがお医者さんがモテる一番の理由かなぁって思ってました。




ちょっと、
友人とか知人とかに聞いてみたところ、
他の意見もちらほら。


「あの『せんせ~い』って呼ばれる感じもいいんじゃない」


との意見。

なるほどぅ。

確かに、白い巨塔(古いかな?)とかでも、
お医者さんは、ちょっと普通の人種じゃないんだよ、
的な感じがあったもんなぁ。

そういうのに、
憧れちゃうのかなぁ。


「あと、お医者さん=頭が良さそうに見えて、見栄えがいいってのもあるかもねぇ」


つまり、ステータス的なものということかなぁ。
ふむぅ。まぁ、そういうのもあるかぁ。


私は実際の仕事中の様子とか見たことないけど、
実際、頭がいいんだろうなぁ。



う~ん。


実は、私は以前にも、
何度かお医者さまさまと合コンしたことがあるのですが、
その頃の日記を見返したところ、
色々と書きたいことが出てきたので、
いつか「お医者様との結婚編」をまとめてみたいと思います。


しかし、
今回参加した3人以外の友人にも、
ちょこっと今回の合コンについて話してみたのですが、
やっぱり、相手がお医者さまとなると、
みんなテンションが高いんですよねぇ。


「何で誘ってくれなかったのよっ!」


と本気で詰め寄られたりしましたよっ。


やっぱり、すごいんですねぇ。
お医者さんパワーって・・・


もし、機会があって、
自然な流れで組むことができたら、
他のみんなも一緒に合コンに行ってみたいです。


ものすごい絵になるかもなぁ。




さて、肝心の、私たちのその後の進展についてですが、
他の2名は分からないのですが、
私の方は、ちょっとだけ好感を持てることがありました。


それは、メールのやりとりの中身なんですけど、
やっぱり、Cさんって、
やさしいことは、やさしいのかなぁって感じた文章があって、
ちょっと、デートに前向きポイントをゲットしました。


でも、まだまだ甘えん坊疑惑が、
ぬぐえないんだよなぁ。


甘えん坊だと、
浮気も流されてしちゃいそうだしなぁ。


ううむぅ。




ほんっとに、
婚活って、色々と人生勉強になりますねぇ。

これまで、

「本当の自分って何なんだろう。私って、結局どうしたいの?」

って、何百回考えたか分かりません。



んですが、
まだまだ年明け1月だし、
お正月パワーも、たっぷり残っておりますので、
マイペースに、頑張っていきたいと思います。

(早く、良い報告がしたいなぁ)

医者と結婚する方法はこちら

お医者さまとの合コン その後1

お医者さんとの合コンの、
その後のお話、その1です。



まず、NちゃんとAさんについてですが、
何度かメールのやりとりを行った模様です。


しかし、仕事が忙しくて、
やはりなかなか時間があわないのか、
次回のデートの約束は、
未定のようです。


「やっぱり、私になんて興味ないんだよ」


と、Nちゃん、
落ち込み気味です。


「仕事が忙しくて、余裕がないだけかもよ」


と言うと、


「だって男の人って、本気で好きになりそうな相手なら、どんなに忙しくっても、もっと連絡してくれると思うもん」


とNちゃん。


むむむ。
まぁ、そう言われると、
そんな気もするけどなぁ。確かに。



「でも、まだあきらめないよっ、私」と、
Nちゃんはがんばるようです。

私も応援したいけど、
話を聞いてあげるくらいしかできないので、
何だか、ちょっともどかしいです。


とりあえず、
相手の迷惑にならない程度に、
メールでの連絡を取り続けてみようということに落ち着きました。


ちょっと、
前途多難というか、厳しめな状況になってきたかも。

やっぱり、
お酒が入ってる席の雰囲気とかは、
まともに考えちゃぁいけないですね。うん。

なかなか、
うまくいかないもんですよねぇ。




さて、次はY美とBさんですが、
あれからY美から電話があって、


「今度、また遊ぶことになったよ」


だって。


本当かよっ!


私「だって、ちょっとビビってなかった?」


Y美「うん。そうなんだけど。でも、あれだよ。面白い友達としてって感じだよ。たぶん。あっちは」


私「いや、いいんだけどね。Y美がいいなら。でも、あれだねぇ。結構、急だねぇ」


Y美「まぁね。なんか、メールとかだけど、この前、すっごく楽しかったらしくてさぁ。それで、また、って感じらしいけど」


私「今度は1対1でしょ」


Y美「うん。そうなんだよね」


私「ねぇ。ハマっちゃわない? 大丈夫?」


Y美「うん。それは大丈夫。たぶん。ほら、半分、こっちも勉強って感じでいくから。今も、軽い感じの誘われ方なんだよっ」


私「ほんとに、ほんとに大丈夫?」


Y美「う~~~ん。たぶん・・・」



ぜ~~~~ったい、大丈夫じゃないよっ!


マジで恋する5秒前だよっ!




・・・いや、それは言いすぎかっ。

無意識のうちに、
心が好きになる準備してるって感じかなぁ。

傷つかなきゃいいけどねぇ。



私「私は応援するけど、とにかく傷つかないようにね」


Y美「うん。分かった。ありがと」



ちょっと心配だけど、
もし、本当に両想いになれたら、
本気でY美のことを好きになってくれたら、
いいんだけどなぁ。

今まで遊び人っぽかった人が、
急にまじめになるってこともなさそうだしなぁ。

う~ん。

でも、まぁ、期待してみよぅ。




最後に、
私とCさんの件ですが、
あの後、3回メールのやりとりをしました。


さすがに、
あの夜みたいにお酒も入っていないので、
Cさんのメールの文面も、
軽いノリではないです。

やっぱり、
根はまじめなんだろうなぁと思いました。(たぶん)


まだ、次のデートには誘われてません。
もし、今後、
メールのやりとりのリズムというか、
フィーリングみたいなのが、
うまく合えば、
思い切って、私から誘ってみようかなとも考えています。




いざ、こうやって書いてみると、
3人とも、色々ありますねぇ。

なかなか厳しいぜっ。婚活っ!

  
Copyright ©  -- 30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]