忍者ブログ

30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館

30代の婚活や30代女性にまつわる色々な話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ガールズトーク再び

雪もやんだことだし。


ということで、
久しぶりにガールズトークをしてきました。


今回は、
Y美とNちゃんとLちゃんと私の4人です。


ちょっと安めのフレンチのお店に集合。

パンが食べ放題っていうので、
ボーイさんが見てないときに、
4つも食べちゃいました。

みんなと会うと、
テンション上がって、
たくさん食べちゃいますね。ふぅ。



みんな一通り、
満腹になったぁ・・・と油断していたら、


そこから、デザートっ!


うましっ。


本当に美味しい物を食べるときは、
女子は無言です。



今度こそ、お腹一杯になったぁ、
ということで、ガールズトーク本格編のはじまり。


もっぱら、
話の中身はバレンタインデーのことについて。


もう、そこまで近づいて来てるしねっ!



まず、お医者さんの彼氏ができて、
余裕しゃくしゃくのLちゃん。



「私はいいって言ってるんだけど、食事に連れて行ってくれるらしくて」



もう、この発言から、
他の3人とは、全くの異世界。


どうして、
バレンタインデーに、
メンズがおもてなしをっ!


「ふ、ふうぅん。そうなんだぁ」


そんなLちゃんの発言に、
若干、挑戦的な顔のNちゃん。

Nちゃんも、別のお医者さまAさんを狙っているんだけど、
なかなかうまくいっていないのであります。


「で、どこに連れて行ってくれるの?」


と、Y美が聞くと、


「ほら、○○スカイ○○っていうビルあるじゃん。そこの最上階? みたいなとこに、美味しいレストランがあるんだって」


もはや、庶民のバレンタインデーを、
馬鹿にしているのかというレベルの差だよ。


聞いてみると、
2人で6万円だって。


ローソンの大きい方の肉まんが、
何百個も食べれるよ。


「チョコとかはあげるの?」


と聞くと、


「う~ん。もう、チョコとかはいいって。カラダ一つでおいでよって言われたから」



どんな誘い方だよっ。



もう、バレンタインデーっていうイベントを、
まるっきり無視してるね。そのおいちゃさまは。

でも、まぁ、
幸せそうでよかったよかった。



とそこで、
ちょっと冷静になってLちゃんを見てみると・・・



やっぱ、綺麗なんだよなぁ。


Y美も端正な顔立ちだとは思うんだけど、
何と言うか、Lちゃんは、
一つ一つのパーツをとっても、
すごーく整ってるんだよねぇ。


隣に一緒に並んでると、
私、田舎から上京してきたばかりの妹みたいだよ。とほほ。


だって、脚が綺麗なんだもん。


足が綺麗な人と並ぶと、
ちと、つらいなぁ。


世の中には、
綺麗な人っているんですよねぇ。



Sさんも、
足が綺麗な人が好きなのかなぁ。


まぁ、
嫌いではないよなぁ。


・・・別のところで、勝負しよっ。
最近、がんばって、ちょっと腰もくびれてきた気がするしね。

気のせいじゃないと思うんだけどな。



さて、次はNちゃんです。
Nちゃんの悩みは、
いっこうにAさんとの恋が進展しないこと。


「はっきり言って、もう無理かなって思ってる。一応、チョコは渡したいんだけど」


忙しいみたいで、渡せるか分かんない。たぶん、無理っぽい。


と、Nちゃん。


う~~ん。


いつも、話を聞いてあげるくらいだけど、
なかなか、うまくはいかないもんですねぇ。

私から見ると、
すごく愛くるしくて可愛いんだけどなぁ。

Aさんも、ああ見えて、
やっぱり、お医者さんだからモテるのかなぁ。


「このまま、ずるずる狙っててもさ。時間の無駄なのかなって思うんだよね」


まぁ、少し、時間は経ったもんね。
出会ってから。

メールのやりとりも、
かなり往復してるみたいだし。
(すごく、そっけない返事らしいけど)


「ねぇ、Lちゃんの彼氏さんさぁ。Aさんと知り合いなんでしょ」


「うん」


「何か聞いてないの?」


「う~ん。それがねぇ、何か、同盟でもくんでるのか、全然仲間のことは話してくれないんだよね。意外と、そういうとこは、口が堅いんだよね」


ふぅん。


遊び仲間の団結力は、
意外と強いのかなぁ、なんて変なことを考えてしまう私。


結局、Nちゃんへの、
役に立つアドバイスは誰からも出ず、
今後の行く末を見守って行くということになりました。


Aさんもお医者さんだから、
すごく忙しそうで、
でも、メールのやりとりは、
結構、長い間続いているから、
Nちゃんのことを、
嫌いじゃないと思うんだよなぁ。


それか、
変な言い方だけど、
キープ的な感じで考えてるのかなぁ。


でも、
手を出されたりしたことはないし、
合コン要員って考えてるのかなぁ。


う~ん。


出口が見えてこない。



私も、今、
自分のことで精いっぱいだから、
なかなかいいアイデアも浮かびそうにないなぁ。

やっぱり、
人間、心の余裕がないとだめだねぇ。



次は、私の話をしました。

みんな、真剣に聞いてくれて、
ちょっと話し合ったのですが、

「うまくいくかどうか、難しいね」

という結論に。


やっぱり、
メールの内容がひっかかるようです。


とりあえず、
バレンタインデーをがんばってみようよって感じで締め。



次はY美の話。


「私、もう諦めたよ」


とY美。「ええっ。そうなの?」と3人。


「うん。多分、無理だわ。私のこと、好きにはなってくれそうにないわ」


うん。Y美が考えて出した答えだから、
私はいいと思う。


それに、私もその方がいいって思ってたし。


だって、Bさん真剣じゃなさそうなんだもん。



Y美が狙ってたBさんが、
V6のリーダーに似てるってNちゃんが言ってたから、
この前、見てみたけど、
確かに、ちょっと似てる気がした。


もうちょっと、
まじめそうな顔だけど。



まぁ、そんなことはともかく、
Y美は、Bさんとは切れるんだね。よかった。


でも、そこにいくまで、
何かあったのかな。


たぶん、あったんだろうなぁ。


今は聞けないけど、
いつか話してほしいなぁ。


やっぱり、
人に話すと楽になると思うから。




結局のところ、
Lちゃん以外の話は、
そんなに明るい話もなく、
これまでの女子トークと比較すると、
若干、おとなしめに終わりました。




帰りに、Y美が、


「少し、お酒飲みたいな」


というので、
よく行く気さくなバーに、
ふたりで歩いていきました。


私は、


「甘いやつお願いします。チョコレートがうまくいきそうなやつ」


とお願いして、

Y美は、


「ほどよく酔えて、ピーナッツとあうやつ」


と言いました。

面倒くさいお客なのかもしれません。



ふたりで乾杯をして、
少し、仕事の話をしてから、


「あきらめるって言ったけど、まだ完全に切れたわけではないんだよねぇ」


とY美。



やっぱりね。



はぁ。今後、どうなっちゃうんだろう。


私も、それどころじゃないけど、
ほんと、悩みがつきないぜっ。


30代っ!




(おまけ)

Lちゃんに、


「バレンタインデーに男子にうけそうな髪型」


というものを習ってきました。

(何だそれ? とか言わないでねっ)


すごく可愛いんだけど、
自分でセットできるか心配です。

当日、Lちゃんにきてもらおうかなぁ。なんて。


冗談です。


自分で、練習して、本番を迎えます。
ちょっと、幼く見えるかもしれないけど、
ちょっとでも可愛く見て欲しいからねっ。


自分なりに、頑張ってみます。


はぁ、それにしても、近づいてきたなぁ。


緊張するねぇ・・・


みんなも、一緒にがんばりましょぅ。おぉぅ!

PR
  
Copyright ©  -- 30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]