忍者ブログ

30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館

30代の婚活や30代女性にまつわる色々な話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初めてのお写真

その日、私は密かにどきどき作戦を練っていたのであります。


その内容はというと、



ずばり、Sさんの写真を撮って待ち受け画面にしてしまおうという作戦ですっ。



ふふっ。ベタだけど、興奮する。




んがしかし、
一つだけ問題が。


私が頼んで、
SさんがOKしてくれたとしたら、
もしかして、


○○さんも撮っていいですか


って逆にお願いされないだろうか。



Sさんの携帯の中に、
私なんかの顔が保存されるなんて、恥ずかしすぎる(ちょっと病気)。



んでもね、
私がSさんの写真を撮ったのに、
逆に撮らせてくださいって言われなかったら、
それはそれで悲しい気もする。


ちょっとだけ愛が足りてない気もする(考えすぎ)。


んでもまぁ、
考えてばかりいてもしょうがないので、
早速、実行に移してみました。



・・・・



いつものように夜食をSさんにお届けしている私。

(といっても、簡単なおにぎりとか卵焼きとかだけど)


最近Sさんは、
ものすごく夜食を期待していて、
その表情がすごく可愛いです。

ごはんを食べている時は、
すっかり子供みたいです。

こりゃあ、
男をオトすには胃袋からっていうのは、
いよいよホントっぽいです。



私「ねぇ、Sさん」


Sさん「はいっ。今日もすごくおいしいです」


私「あ、ありがとうございます。実はお願いがあるんですけど」


Sさん「はい」



返事をしながらも、ちょっとだけ鳥の唐揚げに夢中のSさん。



私「写真撮ってもいいですか」


Sさん「しゃしん?」



そんな発想まるで私の頭の中にはありませんでした、って顔のSさん。


んもう、私の写真撮りたいとか一度も思わなかったのかしらん?



Sさん「いいですけど、何するんですか」


私「仕事の合間とかに見ようと思って」


Sさん「あっ、それいいですね。僕も撮っていいですか」



やっぱり、きた。


そうなるかな、と思って、
いつもよりお化粧がんばってたんだよね。



私「いいですけど、お友達とかに見せないでくださいね」


Sさん「えっ、どうして」


私「恥ずかしいから」


Sさん「え~っ。ちょっと見せたいなぁ」


私「ダメです」



とか何とかじゃれあいながら、
Sさんの写真をゲット。


正面。横顔。斜めから。


と3パターンもゲット。



もちろん、私のは正面からのみです。

しかも、何度か撮り直し命令。



ふふっ。友達対策もばっちりね、これで。



たぶん、実年齢より2,3歳は若く見えるわっ。ふふっ。女。




ということで、
目的も達成してほくほく顔の私。


それから5分間くらいベンチに座ったまま手をつないで、
世間話をしました。


ちょっとだけ、
Sさんの肩に顔をのせたりもしました。



そうしながら、


今日からもっと髪を入念に洗おう


って思いました。


Sさんから見られてるんだもんねっ。



恋をすると、
色んな事に細かくなるようです。



(おまけ)


何となく見られたくないような見せたいようなSさんの写真。


思い切って、友達に見せちゃいますっ!(結局、見せるのかよっ!)
PR
  
Copyright ©  -- 30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]