忍者ブログ

30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館

30代の婚活や30代女性にまつわる色々な話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

同僚の肉食系? 男子

草食系男子っていう言葉が、
流行ってます。


私は、
なんとな~くしか意味がわかっていないのですが、
確かに私の周りにも、
草食系男子って多い気がします。


でも、
若い人にとっては、
そういう男の子が普通なんだろうから、
何の違和感もないんでしょうね。


う~ん。ちょっと、年の差。
(最近は、30代も草食系男子ばっかりって言ってたけど)




今日は、
ちょっとチャンスがあったので、
同期のK君に色々とSさんのことを相談してみました。

私から見るに、
彼は肉食系男子です。

そして、モテ男君で、
誰にでも優しい男です。
私とは、単なる友達ですけど。



私「かくかくしかじかなんだけど、どう思う?」


K君「う~ん。なかなか難しいね。押せばいいってもんじゃないしね」


私「もう押し過ぎってくらい、押しちゃってるからね」


K君「そうだなぁ。○○(私のこと)の良さをうまく伝える方法、何かないかなぁ」


私「そもそも、私の良さって何なの?」


K君「そのまんまだよ。○○のこと全部だよ」



こういう女子が赤面しそうなことを、
サラッというのがK君なんです。

こういうので、私の後輩も、
たくさんK君に恋してます。
(まぁ、顔がいいからかもしれないけど)

しかも、本気で言ってるから、
誰も責められないんですよねぇ。
ちょっと、天然なのかな。



私「そ、そう言ってくれるとうれしいけどさ。そんなこと思ってるの、K君だけだよ」


K君「そうかぁ?」


私「そうだよ」


K君「う~ん。なんだろなぁ。やっぱ、一緒にいる時間を増やせばいいって話かなぁ。そうすれば、自然と好きになると思うんだけどな」


私「自然と私のことを好きになる?」


K君「なるよ。何か、落ち着くもんな。○○と一緒にいると。癒されるっていうか」


私「私のこと好きなの?」


K君「・・・そういうこと言うと、もう、この話やめるぞ」


私「ご、ごめん。うそ」



K君は、一直線なメンズなので、
たまに、からかったりしたくなります。

年が一緒の弟みたいで、
ちょっと可愛いです。
(まぁ、どちらかというと、私の方が可愛がられてる感じですが)



K君「メールは、とりあえず続けるとして。次、いつ会うかだよな」


私「会ってくれるかな」


K君「会ってくれるさ」



「くれるさ」って、昔の役者さんみたいで面白い。



K君「水族館行きたいんだろ」


私「うん。水族館だったら、リラックスして、にこにこできる気がする。縮まる気がするんだよねぇ。二人の距離が」


K君「水族館かぁ。まぁ、もうちょっと打ち解けないと無理かなぁ。いや、そんなに固く考えなくてもいいか。そもそもさ、ただの友達でも、一緒に水族館行ってもいいんじゃない?」


私「ええっ? 来てないよ。そんな男女。みんなラブラブだよ」


K君「いや、いるかもよ。動物好きの男女とか」


私「うう~ん。いるかなぁ。じゃあ、ただの友達でも、手つないでもいい?」


K君「それはダメだろ。っていうか、何で、そんな手がつなぎたいんだよ」


私「別に理由とかないよ。好きだからだよ。K君だって手つなぎたいでしょ」


K君「つなぎたいよ。そりゃ」


私「じゃあ、一緒じゃん」


K君「・・・そ、そうだな」



あ~、なんか、
高校生の頃、学園祭の準備に疲れて階段に腰掛けて、
ちょっと仲の良いクラスの男の子と話してた時みたいな感覚。

同期の男友達って、
ちょっと不思議。

K君は、やさしいから、
ついつい甘えちゃうなぁ。いつも。



K君「でもさ、男はいきなり手とかつながれたら、びっくりするぞ」


私「だよね。こわいよね」


K君「怖くはないけどさ。ちょっと、アレだぞ。誰にでも、そんなことしてるのかって思っちゃうぞ」


私「私、そんなことしないよ。手つないだのだって、○年ぶりだよ」


K君「いや、そうかもしれないけどさ。そのSさんは、そんな情報持ってないし。だいたい会ったのだって、3回くらいだろ」


私「うん」


K君「だったら、もうちょっと、こう恥じらったほうがいいよ」


私「恥じらい?」


K君「そうだよ。こう、奥ゆかしさみたいの、だよ」


私「私、奥ゆかしさのカタマリだよ」


K君「そんなことないよ。ストレート直球一本勝負だよ」



まぁ、そうだなぁ。
Sさんに対しては、いざ、顔を見ると、
ストレートになっちゃってるなぁ。

こんなはずじゃなかったのに。




それから、
K君に


「男へのメールはこうやって書くべし」


というのを、
いくつか教えてもらって、


「水族館では、こういう服が男は好き」


っていうのを教えてもらって、
(ただのK君の好みのような気もするけど)
とても勉強になりました。

K君に感謝です。


どうか、
この応援をうまくいかしたいっ。



ということで、
今日も今から、
Sさんへのメールの文面を考えます。

大体内容は考えてるんだけど、
何回も清書するので、
いつも、意外と時間がかかったりします。


あぁ、早く、
水族館行きたいなぁ。

(前向きすぎて能天気です)





(おまけ)


「もし、何かあったら、いつでも電話してこいよ。話くらい聞いてあげれるから」


とK君。


昔のバラードに出てきそうなくらい、
典型的な好青年です。

PR
  
Copyright ©  -- 30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]