忍者ブログ

30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館

30代の婚活や30代女性にまつわる色々な話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彼へのメール 愛情表現はむずかしいぃ

私が大好きになってしまった彼こと「運命の彼」ですが、
毎回、「運命の彼」と書くのも、
ちょっと、やりすぎ感がしてきたので、
今後は、Sさんと呼ぶことにします。


Sは「さわやか、かっこいい」のSです。



さて、Sさんに対するアプローチ方法は、
現在は、メールしかないのですが、
(電話番号は知ってるけど、まだ自粛中)
そのメールも、
2日に1回となると、
もう真剣に書かなければいけません。


ここで悔いのように、
努力しておかないと、
たぶん、私の性格からいって、
次のメールを書くまで、


「あぁ、こうやって書いとけばよかった」
「もう少し、うまくまとめれたよなぁ」


とか、うじうじと悩んでしまうからです。



といっても、
メールって、本当にむずかしい。


まず、私はSさんの彼女ってわけじゃないから、
Sさんは、私のこと大好きってわけじゃないから、
私が好き勝手に愛情をぶっつけても、
困ってしまうだろうし、
(ほんとは、ぶっつけまくりたいんだけど。はーと爆弾とか)
あんまり長い文章だと、
仕事とかで疲れてる時とか、


「うわっ。重っ」


って、なっちゃいそうだし、
色々考えると、頭がぐつぐつとパスタを茹でる前みたいになります。



Sさんへのメールで、
まず、私が気をつけようと思ったのは、

・Sさんへの直接的な愛のコトバは書かない。

「好きです」とか、「会いたくてたまらない」とか、
「その胸に突進したい」とか。


・長くても8行くらいにまとめる。

・メールの最後には、ちょっと微笑ましいエピソードを入れる。



この3つです。

私の近況を3行くらい。
彼の近況への質問を2行くらい。
エピソードを3行くらい。


これで、すっかり8行埋まってしまいます。
2日も待って、
彼に伝えることができるスペースが、
たったこれだけです。


くぅぅぅぅ。切ないっ。


本当は、毎日、電話して、


「ねぇ。ダーリン。今日はね、えっとね、朝はね、目玉焼きを食べてねぇ」


って、どうでもいい話を延々として、


「おいおい。そんなこと話すために電話してきたのかい」


「てへっ。お仕事で疲れてるのに、アイムソーリー(はーと)」


みたいな、無害などうでもいいやりとりをしてみたいっ!

それに、彼に優しくしかられてみたいっ!
(ちょっと変な願望)




文章を、のびのびと自由に(本当にきままに)書くのが好きな私にとって、
8行で文章をまとめるというのは、
とっても苦しい。


しかも、大好きな彼へのメールだから、
もう、書きたい候補がたっくさん出てきて、
私の近況を報告するのだって、
どれをピックアップすればいいか、
それだけで、すごく迷ってしまいました。

でも、はじめてのメールで、
実際に書いたのは、


『最近、表計算ソフト「エクセル」で、すっごく役立つ機能を覚えました』


っていう、笑えるくらい地味な内容でした。



さて、彼への質問の3行の部分では、


「休みの日は、どんなスポーツしてるんですか」


ということを聞きました。

絶対、スポーツしてる感じだったし、
この前、詳しく聞くのを忘れていたので。
(というより、そんな状況じゃなかったので)



面白エピソードコーナーは、


「この子のメールおもしろいな。次も楽しみだな」


って思ってもらえるかもしれない、
重要なコンテンツ(超おおげさ)なのですが、
初回である今回は、
昔飼ってたうさぎちゃんと私の、
おっちょこちょい話を書きました。


きっと、うさちゃんが可愛すぎて、
にんまりするエピソードなはず。


少しは、お仕事の疲れもとれるかもしれないです。



そして、メールの一番最後には、
バニー姿のコスプレをした、
私の画像を貼っておきました。

これで、彼も私に夢中間違いなしっ。



・・・もちろん、大嘘です。

そんなすべてを洪水で流すような行為はしていません。



完成した8行のメールを何回も何回も読み返して、
何回も何回も文章を微調整する私。

(大学受験の国語の筆記試験みたい)


「いいっ? 送信するよ。一回、送信したら、もう次に送れるのは明後日だよ」


と、自分に何度も語りかけ、


「大丈夫っす。もう、悔いはないっす」


というところで、送信ボタン。


えいっ!


ふぅ。とりあえず、今回は私なりに全力をそそげたので悔いはないなぁ。



早く、返事来ないかなぁ。



早く来ないかなぁ。



待ち遠しい。





(おまけ)

私の場合、
みんなとはちょっと変わった婚活みたいになってきました。


でも、きっとこれも婚活っ!


あきらめずに、がんばりまっす。
やっと会えたドキドキする人だから。



早く、電話とかしたいなぁ。

PR
  
Copyright ©  -- 30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]