忍者ブログ

30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館

30代の婚活や30代女性にまつわる色々な話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

30代独身のばれんたいんでー

今日はバレンタインデー。

言うまでもなく、大事な大事な一日です。

ベーグルの真ん中に空いてる穴くらい大事な一日です。



一度、家に帰ってから待ち合わせに向かうので、
午後5時になると同時に、ダッシュで退社・・・

とはいかず、


・・・念の為に、


「おほほ。バレンタインデーって何ですの? 新しくおフランセからやってきたお菓子かしら」


みたいな、素知らぬ顔をしながら退社。


会社の皆の衆の顔が見えなくなってから、
駅まで猛ダッシュ。



だから、髪型のセットがうまくいくか分かんないっつーの!



ダダダダッ



いつもより、
2つばかり早い電車に乗ることができて、
ほっと一息。


ふぅ。


たぶん、誰からも気づかれてなかったはず。


この必死さ!


(どうかな、アブナイな)




家に帰り着くと、
うがいをして、
手を洗って、
服を脱いで、
用意しておいた服を取り出して、
用意していたバッグの中身を確認して、
すぐに髪型のセットにうつります。



うぅぅぅ。いそげぇぇぇ。



○十分後



う、うん。
いいんじゃない。

これくらいで、
もうベストに近いんじゃないかしら。

もう、
これ以上やっても、
ほとんど残ってないラーメンの残りの具を探すくらいの、
効果しか残っていないんじゃないかな。


そんなことする暇があったら、
早く行って待ってよぅ。


遅れるとSさんに悪いしね。


時間を確認すると、
約束の時間には余裕で間に合いそうです。


よし、最終チェックだ。


姿見の前に立って、
最終確認をします。

何のためか分からないけど、
ちょっと、モデルみたいに、
色んな姿勢をしてみたりします。

(さんざん、昨日したんだけど)


よしっ。


Sさんを待ってる時の姿勢の確認もOK。


私なりに、そつがない。


いくぞっ。





電車に乗って、
待ち合わせ場所に向かいます。

心なしか、
電車の中も、
いつもより、ちょっぴりピンク色な気がします。


う~ん。


今日、日本中の女子が、
ピンクだわぁ~~~。


と思ったけど、
昨年のバレンタインデーの自分を思い出して、


「いや、日本中の全員ってわけじゃないかぁ」


と口に出してしまう私。



だから、人の心配してる場合じゃないっ!



駅に到着。


緊張してるせいか、
いつもより早く着いた気がします。



長いエスカレーターに乗って、
上の方に運ばれているうちに、



あぁぁぁ、また、緊張してきたぁぁ。


今日、どうなるんだろう。



聞かされてることは、


「仕事が忙しくて、時間がとれない」


ってことだけ。



ってことは、
ほんとに、チョコ渡しただけでバイバイになっちゃうのかなぁ。


あぁ、もう、
これ、何百回も考えたから、もういいっ。


あとは、でたとこ勝負よっ。



周りは、
バレンタインで色々デコレートされてるんだけど、
そんなのに目もふれず、
ずんずんずんと力強い足取りで、
待ち合わせの場所に向かう私。


なぎなたは持ってないけど、ちょっと弁慶。



ふぅぅ。着いたぁ。




な、なにいぃぃぃぃ! もう、きてるぅぅ!



しまったぁ。
こんなに早く来てるなんて、
思いもよらなかった。


あぁん、待ってる時の色っぽいバッグの持ち方とか、
足のクロスの仕方とか、
すっごく研究してきたのにぃ(ばか)。


とにかく、行かなきゃ。




「ごめんなさい。遅れちゃって」


「あっ、こんにちは。お久しぶりです」


ダメだ。久しぶりのスーツ姿見たら、鼻血が出そう。


きゃっこよすぎるっ。


思わず「スーツ姿イケてますね」とか、
変なことを言いそうな口を封印。




あっ、どうしよ。
ちょっと間が空いちゃった。




いきなり、チョコ?


いや、何か、しゃべったほうがいいな。


「お仕事忙しそうですね」


あわわわ、
これじゃ、何かSさんを責めてるみたいじゃん。
訂正、訂正しなきゃ。


な、何て言えばいいの?


「こんな忙しい日本に誰がしたっ」


って、ここで妙な政治批判とかやめてっ。


そうじゃない。女の子っぽく、


なんか、訂正してぇぇぇ




もう、ほんとパニック状態。




「ごめんなさい。せっかくの日に来てもらったのに、あんまり時間とれなくって」


あぁ、もう、ほら、
謝らせちゃったじゃん。ばかっ。私のばかぼんぼんっ!


「いえいえ、もう、何て言うか、ほんと、来てくれただけで、すごくうれしいです。はい」


何か、日本にきたばっかりのアメリカ人みたいになってるしぃ。



ど、どうする? もう、チョコ渡しちゃう?
だって、忙しいってもう認めちゃったもんね。



「もし良かったら、ちょっと飲み物でもどうですか」


と、Sさん。





わーおっ





そうきたかぁ。うれしいほうの、誤算だぁ。やったやった~~~。




なんか、私の頭の中で、
いきものがかりが応援してくれてる感じ。


今、カラオケ行ったら、
恥ずかしがらずに、スパークできるのに。

いつもみたいに、モジモジせずに、
「じょいふる」とかも歌えそうだよ。



お店に入ると、
いい方の席をSさんがゆずってくれます。


ありがとうございまするぅ。ほんとに、私なんぞに。


「何にしますか?」

「あっ、Sさんと一緒のやつで」


って言って、
あっ、こらこら、ここはそうじゃないだろ。


Sさんが、
もし、エスプレッソとか頼んじゃったらどうするんだよっ、
って思いなおして、


「やっぱり、ミルクティにします」


と訂正。


ふぅ。緊張してるにも、ほどがあるぜっ。

相手が何を飲むかも確認せずに、
「一緒のやつ」とか、あわてんぼうのサンタクロース、クリスマス前にやってきた過ぎるぜっ。



「あの~、これ。もし良かったら食べてください。全然美味しくないと思うけど」


って言いながら、
すっごくたくさんの試作品の中で、
一番美味しかったチョコを渡す私。


Sさん、ほんとはね、たぶん、おいしいよっ。


疲れた時、食べてねっ。うふっ。




「ありがとうございます。本当にうれしいです。もしかして、手作りとかですか」


えっ! やっぱ、重かったかな。


「あ、はい。そうです。一応」


「うれしいです。僕、こういうのもらったことがなかったから」


うれしいって言われて、
私もすごくうれしかったんだけど、

「こういうのもらったことがなかったから」

って、
つまり、元カノさんのことだよね、
ってことに気付いて、


すごく嫉妬。


ほんと、ヤな女だわ。私。


こんな日に嫉妬とかしちゃダメだよ。

反省しながら、とりあえず水を飲んで、
頭を冷やします。



と、その時、


「一粒だけ、今、食べていいですか」


とSさん。


ええっ。だめだめ。
ここ、アメリカじゃないんだよ。


「恥ずかしいっ」


って言って、次の言葉が続かない私。

ここで、言葉止めたら、なんか、変な感じになっちゃうだろっ、私っ!


「冗談ですっ」


と、爽やかにクスリと笑うSさん。


えっ、今、ちょっと、私のことからかったの?


からかったんでしょっ!



と、30代特有の、
ちょっぴり卑屈な心を出しちゃう私。

でも、この前より、
若干、リラックスムードで、
心が落ち着いてる。


うん。
今日は、たぶん、突然のお別れとかは、
言われなくて済みそうな感じ。


ちょっとだけ、
お話して、
ちょっとだけ、
仲良くなって、
また、メールのやりとりだけの二人に戻るんだ。


なんとなーく、
そんな予定調和を感じながら、
ミルクティを飲んでいる私。




でも、今日はバレンタインデー。


そんな、なにごとも起こらない一日なんて、
神様が許してくれるわけはなかったんです。



「ちょっと真面目な話をしたいんですけど、いいですか」


とSさん。



カラダが硬直する私。



えぇぇぇっ、と、突然すぎるよぅ。



真面目な話って、何?

政治の話とか、
経済の話とかじゃないよね。

この流れからいって。



たぶん、


Sさんと私の今の関係


について、
何か関係あることだよねぇ。


えぇぇっ、
なに、なに、何言われちゃうのっ、私っ。


な、何言われても、
今の私じゃ気絶しちゃうよっ。


それでも、いいの?


この前より、
ひどい事態になっちゃうよ。





「僕考えてみたんです。ふたりの関係について」




Sさんは、
そう口を開いた。


私は、人の話を真剣に聞く時にそうなってしまう、
ちょっとだけ口が開いた状態で、
Sさんの目を見ていた。


何があっても、
この瞬間を見逃さないようにしよう。

また、私の人生が揺れようとしてる。








なが~く、
なってきたので、
続きは明日書くつもりです。

あまり、過度な期待はせずに、
それでいて、ちょっとだけ期待して、
待っていてくれると、うれしいです。

少なくとも、
Sさんの家にお泊りしちゃったとかはないので、
安心してください(何の安心だ)




(おまけ)

Sさんのスーツ姿はヤバいです。

細身のスーツを開発した職人は神です。

PR
  
Copyright ©  -- 30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]