忍者ブログ

30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館

30代の婚活や30代女性にまつわる色々な話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Sさんと初電話。超緊張の巻

Sさんとの電話なんて、
ちょっと前なら、
全然考えらなれなかったのに、
とうとう実現することができてしまった。
 
 
もんのすごく緊張したけど。
 
 
手汗がすごかったけど。
 
 
何とか無事、
嫌われることもなく(たぶん)、
終えることができた。
 
 
顔を見ないで話すのは初めてだったので、
Sさんの表情とか分からなかったけど、
やっぱり、
携帯越しでも、
優しい人柄が分かった。
 
 
えへっ(なぜか彼女面)
 
 
 
 
そもそも、
どうして電話することになったかと言うと、
来るべき「水族館デート」について、
ちょっと急ぎ目で確認しておきたいことがあったので。
 
 
メールだと、
スピードが間に合わないかなってことがあったのです。
 
 
はじめダイヤルするとき(今、こうやって言わない?)は、
本当に手が震えた。
 
昼休み時間だったけど、
もしかしたら、
仕事がずれこんでたりして、
気分がピリピリしてたらどうしよう、
とか、考えたりしました。
 
 
でも、結局、
かけてみることにしました。
(最近、何だかんだ言って、ポジティブに考えることが多くなってる)
 
 
 
 
トゥルルルルルル
 
 
 
Sさん「は、はい」
 
 
私「あっ、どうも。○○です。お忙しい時に、ごめんなさい。ちょっと確認したいことがあって」
 
 
 
みたいな感じで、始まった電話。
 
 
 
Sさん「あっ。そうなんですね。はじめてだったので、ちょっとびっくりしました」
 
 
私「ホントごめんなさい。お仕事忙しいのに」
 
 
Sさん「今、昼休みなんで、大丈夫ですよ、全然」
 
 
 
う~ん。普通の会話なのに、どうしてこんなにフレッシュ感があるんだろう。
 
やっぱり、好きな人とは、
他愛もないことでも、キラキラしちゃうよ。
 
 
 
その後、
確認したかったことを聞いて、
 
(デートの昼休みに食べるサンドイッチの具のことじゃないよっ)
 
あぁぁ、もう、何も話すことなくなっちゃったぁ。
 
と思ってたら、
 
 
「そちらも、今、お昼休みなんですか」
 
 
って聞いてくれたっ!
 
全然大したことないけど、
なぜか有頂天になる私っ。
 
 
「そうなんですっ。今、昼休みで、ごはんを食べ終わって電話したんですっ」
 
 
誰でも普通に想像できることを、
なぜか、張り切って答えてる私。
 
よっぽど、うれしかったのだろう(いや、うれしかったのだ)。
 
 
 
「今日もお仕事遅くまでやるんですか」
 
 
と、いくらなんでも調子ノリ過ぎなんじゃないかっていう質問を繰り出す私。
どうやら、有頂天になりすぎて、
脳のみそが、ぐつぐつと湯だってしまったようだ。
 
 
 
Sさん「そうですねぇ。たぶん、11時くらいまでですかねぇ」
 
 
私「ええっ。11時ですかぁ」
 
 
と言った後の私の失言。
 
 
 
「それは、お腹が空きますねぇ」
 
 
 
いくら緊張して頭が回ってないからって、
よりによって、
 
食欲の話かよっ! 
 
って自分に突っ込みましたが、
ちょっとだけウケたみたいで、
 
 
 
Sさん「そうです。お腹もたぶんすきます(笑)」
 
 
 
と、くすくすっと返してくれたSさん。
 
 
んもう、いっつも周りの女子にも、
そんなに優しいのかしらん。
 
嫉妬しちゃうなぁ(また、勝手に嫉妬。最近、ブーム)。
 
 
 
その後も、
ほんとは、
 
 
今日は、何時頃寝るのか
 
 
とか、
 
 
夜ごはんは、どこで買うのか
 
 
とか、
 
 
また、牛丼屋で済ますんじゃないでしょうね(勝手に妄想)
 
 
とか、
 
 
シャンプーだけじゃなくて、リンスもするのか。それとも、コンディショナーなのか
 
 
とか、
 
 
色々山ほど聞きたいことはあったんだけど、
Sさんの貴重な時間をさくのが申し訳なかったので、
唇を全力で血が出るほどかみしめながら、
 
 
我慢しました。
 
 
我ながら、偉いと思いました。
 
 
 
 
その後、電話を切るときに、
 
さらっと、
 
 
「今度の水族館、楽しみにしてます」
 
 
っと添えると、
 
 
「僕も楽しみです」
 
 
とSさん。
 
 
 
きゅ~~~~~~~~~~~んっ
 
 
 
あぁ、もう、幸せ。
 
 
付き合ってないけど、
付き合ってないけど、
付き合ってないけど、
 
 
超、しあわせ~~~~~(これでも30過ぎ)。
 
 
 
電話を切って、
少し、携帯を見つめたまんま、
今のSさんの言葉を頭の中で繰り返してみる。
 
 
僕も楽しみです
 
 
やっぱ、
 
 
やっぱり、
 
 
 
私のこと好きになってきてる?
 
 
 
んなことないよなぁ(今さら、照れてる)。
 
 
 
 
友達と行くのでも、
水族館って楽しいもんねぇ。
 
そういう意味での、
 
 
楽しみ
 
 
だよねぇ。
 
 
 
 
ふぅぅぅ。
 
 
深呼吸しないと、もたないよ。酸素が。
 
 
 
 
気がつくと、また、携帯を見つめてる私。
 
 
あんまり見すぎると、
思わずキスしちゃいそうな感覚になる。
 
 
だめだめ、ここ職場だよ。
みんなに見られちゃうよ。
 
 
せめて、家に帰ってからにしなっ。私っ!(それも違う)
 
 
 
 
 
と、こんな興奮イベントが、
あったのであります。
 
 
私の超勘違いでなければ、
Sさんとの距離は、
すこ~しずつ縮まっているのではないかと思います。
 
 
水族館に行った時、
手とかつながれたらどうしよう・・・
 
 
とか、いらぬ心配ばかりしている独身女子です。
 
 
 
 
(おまけ)
 
職場の同期男子から、
 
 
「ホワイトデーって、3倍返しくらい当然なのかな」
 
 
と相談されたので、
 
 
「まぁ、せめて2倍返しくらいは、しといた方がいいよ。女子は怖いから」
 
 
と答えときましたっ。
 
 
「あぁ、もう、俺だって、金ねぇのに。バレンタインとか、もう、なくなればいいのに」
 
 
と嘆いていました。
 
 
「だって、100%義理チョコって分かってたら、嫌がらせにしかならないぞ。このイベント」
 
 
だって。
 
 
男子も色々と大変なようです。
 
(自分がハッピー過ぎて、イマイチ相談に乗りきれてない私)

PR
  
Copyright ©  -- 30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]