忍者ブログ

30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館

30代の婚活や30代女性にまつわる色々な話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

過去の恋愛 はつこい

 はつこいって。
人それぞれだと思うんですけど、
私には、すごくぎゅーっっと心臓がしめつけられた瞬間がありました。


私の中では、
それが「はつこい」とみなされています。




高一の5月にある男の子(同級生)から告白されて、
1週間くらい悩んで、OKしました。


私は、おとなしいグループにいたので、
ちょっと活発めな、その男の子が、
どうして私と仲よくしてくれるのか、
不思議でした。


でも、告白されたときに、

「あっ、わたし、この人のこと好きだったのかも」

って、一瞬で思いました。
今でも、不思議です。

でも、これが「はつこい」って思った瞬間ではありません。


それで、ずっと付き合っていて、
7ヶ月くらいが過ぎて、
クリスマスになったんですけど、
まだ手もつないでいませんでした。


関東に出てきて、
このことを話すと、周りの友達が、

「半年過ぎて、手もつながないの?」

と信じてくれないのですが、
私が住んでいたのは、田舎の方だったので、
結構、普通でした。


それで、まだお互いのことを、
「○○君」「○○さん」
と、名字で呼びあっていたのです。


そんな感じだったので、
クリスマスといっても、
いつもどうりで、海に行きました。

私の田舎には、自転車で海に行けるところがあって、
私の高校の人は、よくカップルで行っていました。

もちろん、二人乗りではありません。
2台並走です。


その日は、すごく風が強くて、
とても寒かったので、わたしたち以外には車で来ている人たちしかいませんでした。

私たちは、どうでもいいことばかり言いながら、
ずっと海を見ながら、少し離れて座っていたのですが、

「何か、今日、すごく風強いね」

と私が言った瞬間、
彼が私の肩をそっと抱きました。



私は、もう本当にびっくりして、
水平線の向こうの一点を見つめていました。
カモメとかもいないのに、
ずーっと、一点を見ていました。

いつの間にか、彼は結構近くに座っていたのです。


私は、本当に緊張してしまって、
どちらかというと、むにむにしている体が、
すごく緊張しているのが分かりました。

彼は何も言いませんでした。
でも、彼も緊張しているのは分かりました。


私は緊張したまま、

「○○君、今日、ちょっとおかしいね」

と言いました。そんなこと言うつもりはなかったのですが、
頭が混乱していました。

「そんなことないよ」

と彼は言いました。

「だって、わたしたち手もつないだことないんだよ」

と私は言いました。


私は彼と付き合い始めてからその日まで、
色んな事をあたまの中でシュミレーションしていたのですが、

「とにかく、恋人同士は、まず手をつなぐんだよな。うん。」

という意識が強くて、いきなり肩を抱かれるようなことは、
予想していなかったのです。


「ちょっと離れた方がいいかも。私、緊張してるから」


と私が言うと、彼は、ぐいっと私の体を引き寄せました。
私の体は、ちょっと不自然に斜めになって、
彼の胸のところに頭がひっつくような感じになりました。


このときです。




うわぁ。私、今、恋しちゃってる。
この人が好きだぁ。




と、心臓がぎゅ~~~っと、
本当にしめつけられたのです。




私たちは、その後、3分くらいそのままでいて、
やっと離れました。

その後も、1時間くらい海を見ていたのですが、
私は、もう、さっきのことが頭から離れなくて、
景色が、ぼんやりしていました。


その後、7時になったので、
自転車で家に向かって帰りました。


家に帰って、お風呂に入りながら、

「今度、海に行ったら、またあれされるのかなぁ」

と考えると、すごく恥ずかしくなりました。

PR
  
Copyright ©  -- 30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]