忍者ブログ

30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館

30代の婚活や30代女性にまつわる色々な話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その気にさせといて・・・

さて、今日は、私のお友達のRちゃんとの婚活トークです。


Rちゃんは、最近ショックだったことがあったようでございます。



R「ねぇ、ちょっと聞いてよ。絶対びっくりするから」


会っていきなり、聞いたらびっくりするよ発言のRちゃん。
こっちも、胸が高鳴ります。
いったい、なにごとなのよ・・・


R「私、この前、彼氏にふられちゃったのよ」

私「うん」

R「・・・うんって、ここよ、ここ。びっくりするところ」


うわぁ、いきなり結論きてたぁ!

いや、まぁ、驚くことは、驚いたんだけど、
なんか、徐々に盛り上がっていくのかと思ってたから。


私「そうなんだぁ。残念だったね」

R「いや、そんなんじゃないのよ。私、怒ってんの」


Rちゃんの目が燃えています。
何かひどいことでもされたのかしら。


R「彼って一方的なのよ」

私「一方的って?」

R「ほら、別れる理由をさ、言われたんだけどさ。でも、納得いかない時ってあるじゃない」

私「・・・うん、まぁ、人によってはあるだろうね」

R「人によってはっていうか、絶対みんなあるよ。えっ、ないの? すんなり別れちゃうの?」


うわぁ。目が挑戦モードだぁ。


私って、これまでに、ちゃんと付き合った人は、
3人しかいないんですけど、
相手から別れを切り出されたら、
絶対、追いかけられないタイプなんですよね。

すぐ、「分かった」って泣いちゃうタイプです。

まぁ、泣くんだから、
ホントは未練があるんだけど、
ヨリを戻したいとか、自分からは言えないタイプなんですよねぇ。


・・・と、こういう状況をふまえて、つづきです。


R「今回の場合はさ、何か結婚観みたいなのを話してた時のことなんだけど」

私「うん。結婚観ね」

R「まぁ、それでさ、結婚した後の生活について、いろいろと話したんだけど、結構、意見合わなくってさ。私たち」

私「あぁ、うん」

R「それで、ちょっとだけ、気まずくなったんだけど、その話の2日後よ。別れを切り出されたのって。急すぎない?」

私「そうだねぇ。もうちょっと考えてもいい気がするね・・・何か、もう、絶対にここは譲れないってところがあったんじゃない?」

R「そりゃあ、お互いあるよ。そんなの。でもさ、歩み寄っていかなきゃダメじゃん。少しずつ、我慢し合うっていうかさ。とにかく、もっと話し合わないとダメじゃない?」

私「そうだねぇ・・・」


と口を濁してしまったのですが、
その時、ちょっとRちゃんの元彼の気持ちもわかるような気がしたんです。

結婚観とか、人生観とか、
いわゆる価値観っぽい話をしてるときに、

「あれっ。何か、私と大きく違うなぁ」

って感じることがあると、
結構、二度と心が戻ってこなくなっちゃうんですよね。

もちろん、それで、その人を嫌いになるわけじゃないけど、
一生、そばにいて欲しい人には、
戻らない気がしてしまうんです。

だから、なんとな~く、
今回のふたりが話をしている時も、
Rちゃんの元カレが私が感じたみたいのを、
感じちゃったのかなぁと思って。

「夫婦にはなれないな」

って決断しちゃったのかなぁって思いました。


結婚して子供ができた後とかだったら、
そう簡単にはいかないだろうけど、
まだ結婚前だしなぁ、ふたりとも。


ちょっと、ぼんやり気味に、
そんなことを考えていると、
Rちゃんの話は、またちょっと違う方向へ。


R「そもそもさ、責任感がないと思わない?」

私「責任? 責任って?」

R「だってほら、結婚前提に付き合ってたわけじゃん。私たち」

私「そうなの? もう、約束してたの?」

R「直接は言われてないけどさぁ。言われてるようなもんじゃん。二人ともいい年で、付き合ってんだから」

私「ま、まぁ、そうだね。えっと、どれくらい付き合ってたんだっけ」

R「4か月くらいかな」


4か月かぁ。そんなに長くないよなぁ。とか考えていると、
まだまだRちゃんの話は続いていきます。
しっかりしないと、気持ち負けしていまいそうです。


R「だってさ、そもそもあっちから告白してきたんだよ」


それは、関係ないかもよと思って、
何かうまく言う方法はないかと隙をうかがっているのですが、
少しの隙間もありません。
鉄壁です。


R「自分から告白してきて、4か月も付き合っといて、即、別れるはないでしょ。もう、いい年なんだからさぁ。大人なんだし」

私「ほら、大人だから、何か感づいたのかもしれないよ。うまくいきそうにないなぁって。それだったら早めに別れた方が、お互いのためだって」

R「そんなことないよ。私、絶対、うまくいく自信があったし。だいたい、どっちかが考え方変えればいいだけじゃん、そんなの」


でも、そういう価値観的なとこって、
なかなか変わらないぞぅ。

と、思ったんですが、
良く見ると、Rちゃん、ちょっと涙目。


R「だってさぁ、ひどくない? もうすぐ終わりって思ってたのに、ぜ~んぶ、やり直しだよ。ぜ~んぶ!」



・・・そうだよねぇ。

Rちゃんとしても、今後のこと、
いろいろ予定とかたててたんだよねぇ。

それが、急に崩れ落ちちゃったら、
やっぱり心も乱れるよねぇ。


その後、Rちゃんは、
終始ムッとしていましたが、
私が会社でやらかしてしまった失敗談とかを話しているうちに、
少しだけ笑顔が戻りましたよ。

でも、当分、モヤモヤは残りそうです。


ホントに、結婚、結婚、結婚って思いながら毎日を過ごしてると、
女の子たち、おかしくなっちゃうぞ。このままじゃ。

(人ごとじゃないぞって、誰かが、遠いお空からツッコンでます)

PR
  
Copyright ©  -- 30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]