忍者ブログ

30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館

30代の婚活や30代女性にまつわる色々な話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

婚活作戦は女子会で

 さて、今日は、
女子会で婚活作戦を練ってきました。

出席者は、Y美とB子とNちゃんの4人です。


出席者のうち、B子だけが既婚者です。
いわゆる、高見の見物ってやつです。くぅ。



作戦場所の1次会は、
パスタ屋さんです。

土曜日なのに、ランチ1,000円。
ドリンク、スープつきですよ。

関東なのに、安いっ!


3人とも、醤油ベースのパスタなのに、
私だけ、カルボナーラ。

なんとな~く、
子供っぽい気がして、ちょっと恥ずかし。



さて、今日はまず、
Y美がお題をふりました。


「やっぱり、結婚するなら、ある程度お金がある方がいいと思うのよ」


ふむぅ。また、お金の話かぁ。
と、思っていると、普段あまり前に出てこないNちゃんが、


「私もそれは思うっ!」


と、くいぎみに、発言。


Nちゃん、ここは譲れないポイントらしいです。


「じゃあ、どれくらいのお給料ならいいの?」


と私が聞くと、Y美は、


「絶対、私より多い方がいいっ! 私より高ければ許すっ!」

とのこと。どうやら、許可制のようですよ。

「最低500万円はあってほしいっ!」

というのは、Nちゃん。


ちなみに、Y美は、私よりは高所得です。
Nちゃんは、私と同じくらいです。たぶん。
もちろん、私たちは500万円なんてもらってないです。
(でも、詳細は秘密です。女の子だからん)


「私は、一生懸命働いてくれる人なら、金額にはこだわらないなぁ」


と言うと、


「じゃあ、月収15万円とかでもいいのっ!」


と、Y美が言うので、


「いいよ。がんばってくれてるんなら。サボって15万円はイヤだけど」


と返すと、


「でも、月収15万円って、ちょっと努力は足りてないかも」


とNちゃん。



ふむぅ。マニーのことになると、意見交換も生々しいぜっ。


冷静に考えてみると、
色々なお仕事はあるけれども、
月収15万円っていうのは、
やっぱり、サボってるのかなぁ。

まぁ、確かに、探せば、
他に所得が高い仕事はありそうだなぁ。

むずかしいいぃ。お金のことは。



ちょっと、形勢が悪くなってきたので、
気を取り直して、


「じゃあ、結婚しても働いてもいい?」


と、ちょっと話をすりかえ。



「最近、それ、よく考えるけど、働いてもいいかなぁ。ヤメてもいい」

とY美。Nちゃんは、

「できれば働きたくない。しょうがなかったら、やるけど」

という意見。

「旦那さんが、イヤじゃなかったら、働きたい」


というのは私。
最近は、よくこう考えるようになったのです。

何となく、社会で、もまれてないと、
価値観とかが固まっちゃいそうな気がするんですよねぇ。



「えぇ、まだ働きたいの?」

と、Nちゃんは私の発言が意外だったご様子。
私、そんなにお仕事デキないように見えてるのかしらん? ぐすん。

今日のNちゃんは、ちょっと前のめり。
多分、お金の話題から火がついたようです。


その後は、相手が長男だったらどうする? とか、
同居してくれと言われたらどうする? とか、
外国人だったらどうする? とか、
お姉ちゃんが2人と妹が2人いたらどうする? とか、
もう様々な話題がふりまかれました。


しかし、色々と難題すぎて、
ほとんど結論がでず。


やっぱり、考えてするもんじゃないかもしれないですねぇ。結婚って。

でも、考えないと手遅れになるような気もするしなぁ。

でもでも、結婚って勢いっていう人もたくさんいるし・・・



まぁ、結局、まず彼氏を見つけなよって話なんですけどね。3人とも。



今日は、あまり発言をしない体育会系既婚女子B子に、

「Bちゃんは、やっぱりお金って大事だと思う?」

と聞くと、右斜め45°くらいに顔をあげて、


「今、わたしたち夫婦、それどころじゃないんだわ・・・」


と流れていく雲を見つめるB子。


その他3人、一瞬硬直。


いったい、何があったのっ! B子っ!



その後、B子の秘密をほんのちょっとだけ教えてもらったのですが、
ほとんどが闇のベールに包まれていて、
分かりませんでした。

何か旦那さまとの間に、
すれ違いが生じているようですよ。可哀そうな体育会系女子B子。


パスタ、ドリンク、スープともに、
すべて完食した健康女子4人は、
それからボウリングに行きました。


「結婚のばかやろー」


とか言いながらY美が投げるので、
もう残りの3人、爆笑でしたよ。

結果は、

私が69で、Y美が59。


これまでどんなボウリング人生送ってきたんだって話です。


最後の二人のデッドヒートなんて、
見応え十分でしたよ、きっと。

「負けた方は、多分、結婚できないわ」

とか言って、Y美は自分の首をしめてたけど。くくっ。


ちなみに、Nちゃんは、123。(何となく、こういうところも手堅いNちゃん)
体育会系B子は、178です。

何かこう、シュパーンって、
ボールを投げてましたよっ。あの子ったら。


今日は、色々話して、
体も動かして、とても楽しかったですっ。

この調子で、彼氏もできるといいなぁ。

PR
  
Copyright ©  -- 30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]