忍者ブログ

30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館

30代の婚活や30代女性にまつわる色々な話。

カテゴリー「30代の婚活 その他」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

独身女子会 その2

今日は、昨日の続きです。
 
 
 
 
さて、
カラオケに場所を移して、
盛り上がってきている独身女子会。
 
 
「Y美さんは、彼氏とかいないんですか。綺麗なのに」
 
 
とある後輩女子の発言。
 
 
 
年下から無邪気な質問を受けたY美。
 
ゆったりとした動作でポテトフライをつまむと、
 
 
 
わたし~? 特定の彼はいないよ。
 
 
 
と、かつてのバブル時代を思い出させるような妙な流し目をするY美。
 
 
なぜ、後輩の前でかっこつけるか。
 
 
 
 
Y美「まぁ、最近は仕事も忙しいしね。焦ったってしょうがないかなって」
 
 
私「もう、ふっきれたんだ」
 
 
Y美「・・・まぁね」
 
 
 
ぜ~~~ったい、何か隠してる・・・
 
まぁ、他の女子たちもいるので、
ここでは細かく追及しませんでした。
 
 
 
次に標的になったのは美人女子Lちゃん。
 
 
「彼氏さん、お金持ちなんですよね」
「違うよ。お医者さんで、さらにお金持ちなんだよ」
 
 
と、後輩女子たちがキャピキャピするもんだから、
Lちゃんもたじたじ。
 
お酒もどんどん追加されてきているので、
どんどん遠慮がなくなってきています。
 
 
Nちゃんが、
 
 
「ちょっと、その時計見てみ」
 
 
と言うと、
 
 
「なに~。この時計、すっごい高そう」
「いくらなんですか。これ」
「ちょっと、はめさせてもらってもいいですか」
 
 
と、興奮倍増。
 
時計の値段を発表すると、
さらに興奮は絶頂に。
 
 
「え~っ。何か、世界が違うっ」
「デートとか、どんな感じなんですかっ」
 
 
もう、若いからって、
ぐいぐい情報収集しはじめてます。
 
でも、
目がキラキラしてるから、
許しちゃいますよ。
30代女子は。
 
 
Lちゃんがセレブデートの様子を説明すると・・・
 
 
「ありえない」
「っていうか、合コン組んでくださいよ」
「あぁ、私も行く。絶対、行くっ」
 
 
とLちゃんにせっついている隣で、
冷静な顔でカクテルを飲みながら、
 
 
「私も行ってみよっかな。もう一回」
 
 
とY美。
 
 
こりてないな。こいつっ。
 
 
しかし、
お医者さんとかお金持ちとかの、
合コンパワーっていうのはすごいなぁ。
 
 
やっぱり、
女子は若いころからお金が好きかぁ。
 
う~ん。
 
それとも、モノが好きなのか?
 
 
 
「ちょっと、もったいないから、少しくらいは歌おうよ」
 
 
とY美が言うと、
後輩女子が、それではと言いながら、
 
 
ゆーみんとか竹内まりやとかを歌ってくれます。
 
 
う~ん。落ち着く。
 
何か、タイムスリップしたみたいだよ。
 
 
私の可愛い後輩、小忍者にも「歌いなよっ」って言ってみると、
 
 
「私っすか。う~ん」
 
 
と言いながら、
ジュディマリの Over Driveを歌ってくれました。
 
 
あ~~~。懐かしいわん。
 
 
はし~る~くも~の~♪
 
 
のところで、
 
 
 
「ほんと、私ももう一回走りたいわ」
 
 
 
と怖いつぶやきをするY美。
 
 
 
「マジで」
 
 
 
と、さらにぼやくNちゃん。
 
 
 
怖いよ。過去を深く省みる時の30代独身女子の目は、何より怖いよ。
 
 
 
 
 
気がつくと、
どんどん飲み物を頼むスピードが増してきている女子7人。
 
 
飲み物を飲みほして、
ガラスのテーブルに「カツン」と置く音が、
小気味よくテンションを高めます。
 
 
空気にのまれて、
飲みすぎないようにしなきゃ。
 
 
と思っていると、
 
 
「ちょっと、最近幸せなんだから、もっと強いやつ飲みなさいよ」
 
 
とY美。どんな理屈だよっ。
 
 
「え~っ。幸せって何なんですかぁ」
 
 
と後輩女子たち。
 
 
 
う~んとね。
 
 
 
と、少しなりそめを話すと、
途中から勝手にバトンタッチされて、
ほとんどY美がしゃべってしまう。
 
 
「きゃ~~~っ。純愛~~~」
 
 
と叫ぶ後輩女子。
 
 
ぜったい、馬鹿にされてる気がするっ・・・
 
 
いいですよ。どうせ、私は、古いですよ。
まだまだ80年代の恋愛観ですよっ。ちぇっ。
 
 
 
 
この後、
Lちゃんのオトコをおとす必殺テクニック勉強会が始まるのですが、
少々、セクシーすぎるので、それはまたの機会に。
 
 
 
 
 
(おまけ)
 
結局、私はその日7杯くらいお酒を飲んで、
久しぶりにふらふらしました。
 
 
家に着くと、
少しさみしくなったので、
(飲み過ぎて帰ってくると、いつもこうなる)
Sさんからのメールを読み返して、
心を落ち着かせてからシャワーをあびました。
 
 
眠りに落ちそうになるのを、
ぐっとこらえながら、
 
 
「こういう時こそ、きちんとカラダを洗っておかなければ」
 
 
と妙なことを考えました。
 
 
シャワーの熱と、
お酒の熱を全身で感じながら、
ベッドに
 
 
ぼふっ
 
 
と飛び込んで、
 
 
こんな時、Sさんに優しくしかってもらいたいなぁ
 
 
なんてことを考えました。
 
 
考えてるうちに、
寝てました。

PR

独身女子会 その1

某日、ひさびさの独身女子会が開催されました。
 
 
出席者は、
Y美とNちゃんとLちゃんと、
その他後輩3名と私の7人ですっ!
 
 
多いっ!
 
 
一体、何がはじまってしまうのか、
始まる前からびくびくします。
 
 
 
 
まず、はじめはお鍋やさんで、
女子トーク。
 
 
Y美がちゃっちゃと鍋奉行してくれるので、
私はほとんど食べるだけでよかったです。
 
 
こりゃあ、楽ちんちん(ダメ女)。
 
 
 
私は、
後輩の小忍者(あだな)もつれて言ったのですが、
 
 
「先輩、よくこんなパーティみたいなのやってるんすか? 楽しいっすね」
 
 
と若干興奮気味で喜んでくれて良かったです。
 
 
 
おなかが膨れるまでは、
トークもちらほらだったけど、
満腹に近づいてくるにつれて、
次第に盛り上がってくる女子。
 
 
話題はやっぱり、おメンズの話。
 
 
 
Y美「後輩ちゃんたちは、今彼氏いないの?」
 
 
 
というY美の呼びかけに、3人の後輩。
 
 
いませ~~~ん
 
 
という返事。何か、部活みたいで楽しい。
 
 
 
Lちゃん「でも、好きな人はいるんでしょ」
 
 
 
と美人Lちゃんに聞かれて、
なぜか赤くなっている小忍者。
 
 
ばればれすぎだよ
 
 
「え~~っ。どんな人~」
 
 
と各地で声が上がり、
小忍者の恋愛事情を、なぜか私が話す羽目に。
 
 
 
○小忍者の現在の恋愛事情
 
1、イケメンに片思い中
2、でも、イケメンに悪い噂多数あり
3、やめておけと先輩から忠告あり
4、その先輩、私。
 
 
 
「ねぇ~、絶対やめておいた方がいいよねぇ」
 
 
と、私が同意を求めると、
みんな微妙な顔。
 
 
えっ? だめだった。私?
 
 
 
Y美「いいんじゃない。付き合ってみれば」
 
 
私「ダメだよ。遊ばれちゃうよ。傷ついちゃうよ」
 
 
Nちゃん「でも、噂は噂だしさ。ホントはいい人かもよ」
 
 
私「いやいや、顔を見れば分かるんだよ。完全な遊び人だよ。めちゃくちゃにされちゃうよ」
 
 
Lちゃん「めちゃくちゃにされるってどういうこと?」
 
 
 
ふふっと笑う美人女子Lちゃん。
何だか、Lちゃんにこういうツッコミされると、
ちょっと悔しいわ。
 
 
 
Y美「でも、結局、小忍者ちゃんが好きなら止まんないよねぇ」
 
 
小忍者「えぇ、まぁ。色々考えてはいますけど」
 
 
Lちゃん「いっちゃいなよ」
 
 
残り二人の後輩「いっちゃいな、いっちゃいな(若干、無責任気味)」
 
 
私「ちょっと、やめてよ。私の可愛い後輩に。みんなで」
 
 
 
じろっと私の方を見るY美とNちゃんとLちゃん。
 
 
な、なによ。
ちょっと、お姉ちゃんキャラ過ぎたかな?
 
 
 
Y美「お母さんみたい」
 
 
 
お母さんかよっ! そんなに年離れてないよっ!
 
 
 
んもう、みんなが寄ってたかって、
小忍者の後押しするから、
小忍者も「まんざらではない」みたいな顔してるし。
 
 
はぁ。小忍者が身ぐるみ剥がされないか心配だぁ。
 
 
 
お鍋の具もほとんどなくなって、
み~んな、満腹で幸せそうな顔してる・・・って思ってたら、
 
 
「麺たべようよ、麺」
 
 
とY美暴走。
 
 
「いいねぇ。」
 
 
とNちゃんも追撃。
 
 
 
結局、中華めん(?)みたいなやつをオプション的に持ってきてもらって、
みんなでワイワイ食べました。
 
 
私も、結局残さず食べちゃいました。おいしっ。
 
 
 
2次会どうする?
 
 
 
みたいな空気が流れて、
7人とも即、全員参加決定。
 
 
みんな、テンション高すぎだよ。
 
誰も、予定とかを確認しなくて済むのが、
ちょっと悲しい。
 
 
 
 
カラオケにするか、
居酒屋にするかで考えて(中年男子みたいだ)、
結局、カラオケに決定。
 
 
おなかが膨れていたので、
もう食べ物はいいかなぁって感じだったのです。
 
 
 
・・・と思っていたのもつかのま、
カラオケボックスに入るや否や、
 
 
「適当におつまみ注文するねぇ」
 
 
っと、
10分後にはテーブルには、
揚げ物とお菓子の山っ!
 
 
ダイエット無視しすぎだろっ!
 
 
・・・とは誰も言わず、
少しずつだけど、着実に減っていくおつまみたち。
 
 
う~ん。たのもしき、女子の食欲。
 
 
今回は、後輩3人も、
20代前半とかじゃないので、
私たちと歌う歌も結構近くて、
(まぁ、つまり、懐メロってことですけど)
聞いていても楽しかったです。
 
 
後輩女子の小忍者じゃない二人が、
振付ありでピンクレディとかを歌ってくれて、
 
 
あぁ、こんなの忘年会以外で見られるなんてしあわせ
 
 
とか思ったりしました。
 
 
 
 
 
この後、
メンズトークも再開するのですが、
ちょっぴり長くなってきたので、
また後日にしますっ。
 
 
やっぱり、
女子会は楽しいですねぇ(7人はちょっと多いけど)
 
 
 
 
(おまけ)
 
カラオケの特別プランというやつで、
 
 
「お1人様90分。1ドリンク、1おつまみつきで450円」
 
 
っていうプランがあって、
すっごく驚きました。
 
 
いったい、どうやって利益だしてるんだろ・・・
 
 
最近のカラオケ業界って、すごいんですねぇ。

ちょっと後ろ向きな30代婚活女子

最近なんだか元気がない友人のDちゃん。
 
 
彼女は、私と同じ30代の婚活女子。
 
 
何か最近、煮詰まってるんだよねぇ
 
 
というDちゃんのセリフからスタート。
 
 
 
「もう私、結婚できないかもしんない」
 
 
 
ふか~い谷底に吸い込まれそうなため息をつくDちゃん。
 
 
 
 
私「何かあった?」
 
 
Dちゃん「いや、ないよ。何にもなさすぎて困ってんの」
 
 
私「いい人いない?」
 
 
Dちゃん「うん。全然。っていうかさ、もう、残ってないよいい人なんて」
 
 
私「そうかなぁ」
 
 
Dちゃん「いいよなぁ。好きな人がいる人は」
 
 
 
パフェにのってるバナナを器用に4分の1に割ってから食べるDちゃん。
 
 
 
Dちゃん「まぁね、しょうがないとは思うのよ。私だって、そんなにいい女じゃないし」
 
 
私「そんなことないよ」
 
 
Dちゃん「あるよ。最近、全然可愛いとか言われてないもん」
 
 
私「私も言われてないよ」
 
 
Dちゃん「まぁね。この年になると誰もそんなこと言ってくれないか。昔は、週に1回くらいは、誰かが言っててくれた気がするんだけど」
 
 
 
どうやら、少し過去が美化されてる気もするんだけどなぁ、
とか思いながら次の言葉を待っていると、
 
 
 
わたし、将来がこわいんだよね
 
 
 
と、これでもかっていうくらい暗い顔をしてつぶやいたDちゃん。
 
 
 
私「何が怖いの?」
 
 
Dちゃん「だって怖くない? このまま、結婚しないで、どんどん可愛くなくなって、しかもね、これが重要なんだけどさ、お金どうすんの。これから」
 
 
私「働きゃいいじゃん」
 
 
Dちゃん「いいじゃんっていうけどさ。私なんて、このままいっても給料なんて全然あがりそうにないしさ。貯金だって、そんなにあるほうじゃないし」
 
 
私「節約すればいいじゃん」
 
 
Dちゃん「でも、考えてもみてよ。結婚もしてない。仕事が好きなわけでもない。顔はどんどん可愛くなくなってくる。それで、お金もないから、細々と生活しなきゃいけない、って、めちゃくちゃ暗くない?」
 
 
私「そう言われると暗いねぇ。確かに。何か、行き詰ってる感じあるね」
 
 
Dちゃん「もう最近、夜寝る時とか、すっごく怖くなるよ」
 
 
 
Dちゃんの言うことを頭の中で考えてみて、
まぁ、確かに、そんなのさみしい気もするなぁって思いました。
 
 
それと同時に、
私はやっぱりSさんの隣で、
ずっと生きていきたいなぁとか思いました。
 
 
 
Dちゃん「ねぇ、他のこと考えてない?」
 
 
私「あ、ごめん。」
 
 
Dちゃん「オトコのことでしょ」
 
 
私「うん。ごめん」
 
 
Dちゃん「ごめんって、いいよ、いいよ。謝られると哀れ度が増すから」
 
 
 
哀れ度っていう尺度、いつ思いついたんだろDちゃん。
 
 
 
Dちゃん「やっぱりさぁ、好き勝手に生きてきたけどさぁ。最近、やっぱ、女はオトコがいなきゃだめなんだなぁって思ってきた」
 
 
私「そう?」
 
 
Dちゃん「そうだよ。自分に自信をもっていきていける女なんて、ほんのわずかだよ」
 
 
私「まぁね。自信とかなかなか持てないよねぇ」
 
 
Dちゃん「特に可愛くなくなってくるとねぇ」
 
 
私「でも、あんま後ろ向きだと・・・」
 
 
 
 
怖いのよ、とにかく。
 
 
 
 
カフェの店内の温度を下げちゃうんじゃないかって思うほどのBちゃんの表情。
 
 
30代の独身女子が婚活をはじめて、
ある程度、時間が経つのにうまくいかないと、
誰でもこういう状態になるんだけど、
何かのきっかけで、また、楽観的になって、
また時間が経って、
全然状況が変わってないのにすごく焦って、
無理やり仲間と飲みに行ったりして、
それで、無理やり、楽観的に戻ろうとして、
それでもやっぱり怖くなって。
 
 
そういう波を、
何度も何度も繰り返してしまうと、
ほんとに婚活って大変です。
 
 
クタクタになります。
 
 
Dちゃんは、今、マイナスの方のビッグウェーブに飲みこまれているようです。
 
 
私は今、
大好きな人がいるからいいけど、
目標すらない女子はきついんだよなぁ。
 
 
婚活って、
努力すれば報われるってもんでもないし。
 
 
でも、やれることをやるしか、しょうがないもんなぁ。
 
女子力アップとか、
出会いの回数を増やすとか。
 
 
むぅ。
 
 
婚活女子の苦悩は、
まだまだ続きそうだ。
 
 
私も、がんばってSさんのハートつかまなきゃ。
 
 
 
 
(おまけ)
 
 
みなさんは好きな人ができたら、
どれくらいの周期で会いたいって思いますか?
 
 
週に一回とかが普通なのかなぁ。
 
 
私は、毎日会いたい派です。
 
 
仕事があったら、
そんなの無理なんだけど、
もう会いたくてたまらなくなっちゃう派です。
 
 
あぁ。今度いつデートできるかなぁ。

  
Copyright ©  -- 30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]