忍者ブログ

30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館

30代の婚活や30代女性にまつわる色々な話。

カテゴリー「30代の婚活 その他」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010年の反省(婚活バージョン)

先日、友人Y美と2010年の反省会を行ってきました。

おもに、仕事、婚活、その他愚痴などです。



まずはお仕事の話。


Y美「今年は仕事、まずまずだったよ。午後5時が待ち遠しいのは変わりないけどさ」

私「えぇっ。いいじゃん、まずまずって言えるって。私もまずまずとか言ってみたいよ」

Y美「イマイチだった?」

私「う~ん。ミス多かった」

Y美「あぁ、私とかはさぁ、ミスして当たり前って思ってるからね。もうミスしまくり」

私「へこまないの?」

Y美「へこんでる暇ないもんなぁ」


そうやって言うY美は、
ちょっと堂々としています。


うらやましぃ。


私とか、
そんなに難しくないお仕事とかをミスすると、
結構、へこんじゃうタイプです。

私のバカぁっ! って大声で叫んじゃいたくなる時があります。

そんな日の夜は、甘い物をたくさん食べたりして、
熱を逃がしていました。



何か、堂々とお仕事できてると、
心の余裕とかもできて、
また、恋愛に対する考え方とかも、
違ってくるんだろうなぁ。



Y美「彼氏は見つかんなかったね」

私「うん。さみしい」

Y美「いやいや、もうさ、その分一人で楽しめる時間が増えたって喜ぼうよ」

私「うんうん。それね、私もこの前考えてみたんだけど」

Y美「ほぅほぅ」

私「私が好きなのって、どうやら相手がいないとできないことが多いんだよね」

Y美「たとえば?」

私「身の回りの世話をしたり、ごはん作ってあげたり」



Y美「それ、お母さんじゃんっ!」



Y美からツッコまれるのが、ちょっと癪だけど、
ホントその通りだなぁ、と思いました。

何か、私って、最近、お母さん的?



私「それとかさ、散歩したりとか、海に行ったりとか」

Y美「一人で、できなくもないじゃん」

私「えぇっ。一人で海とかで佇んでたら、警察の人に保護されちゃうよ」



Y美「大丈夫だよ。私が身元引き受けに行くから」


ヤだよ。ハイヒールかつかつならして、警察に来られたら。



Y美「そもそもさっ。最近思うんだけど」

私「うん」

Y美「何となく、結婚しなきゃいけないっていう義務感みたいのがあると思うのよ。この年の女性たちって」

私「まぁ、あるかもね」

Y美「来年は、まず、それを捨てるっ」

私「ええっ。結婚したくなくなったの?」


Y美がオレンジジュースを飲みます。
ストローで飲みにくいところまでいくと、
人が見てないのを確認して氷を食べます。

中学生男子の部活帰りみたいです。


Y美「いやいや、正直したいよ。でもさ、しなきゃいけないってわけじゃないじゃん」

私「うん」

Y美「圧迫感が最近いやでさ。その○○しなきゃっていう」

私「圧迫かぁ。そういうのも、ちょっとあるかぁ。でも、私は、普通にさみしいよ。最近ひとりぼっちで」

Y美「いいよ。遊んじゃるよ。毎日」


何か生意気にも、
Y美がやさしい顔をするので、
ちょっとホロリときそうになりました。

ちっと、弱ってるなぁ。私。



Y美「夜ごはんは、そっちの受け持ちね」



ま、まぁいいけどさ。料理好きだから。



私「そう言えばさぁ。私と行ってない合コンとかは、どうだったの。誰もいい人いなかった?」

Y美「2人、いたんだけどね。実りませんでした」



好きな人の前では、
急に女の子らしくなるY美(トンデモ発言も多くなるけど)を思い出して、
ちょっと可哀そうになりました。


人生、なかなか、だぜっ。



Y美「ねぇ、そういえばさぁ、この年になってくると、ちょっと男の好み変わってこない?」

私「えぇ? 私は結構、変わってないよ」

Y美「やさしい人でショ」

私「うん」

Y美「そもそもさぁ。やさしい人って、どんなん?」

私「う~ん。私がいつも好みの人で言ってるやさしい人はね、みんなにやさしいタイプの人。それと、相手が、どうしてそんな行動をとったか、理解しようとしてくれる人」

Y美「突然聞いた割には、きちんと答えるね。ちょっとビビった」

私「うん。いっつも、こういうのばっかり考えてるよ。最近」

Y美「みんなにやさしかったら心配じゃないの」

私「もちろん、浮気とか絶対ヤだよ」

Y美「でも、やさしいと女の方から寄ってくるかもよ」

私「そこは堪えて欲しいよ」

Y美「いやいや、男は揺れちゃう生き物だよ」

私「そこは堪えて欲しいよ」



Y美「・・・これ以上言っても、それで押してきそうね」


浮気されちゃうと、私は、もう絶対無理なタイプそうです。
体バラバラになっちゃいそう。



その後も、
色々と女子トークを炸裂させたのですが、
それは、また別の日に書きます。



(おまけ)

私「好きな男性のタイプどんな感じに変わったの?」

Y美「スマートで、イケメンで、美味しい物食べさせてくれる人」


むしろ加速してるじゃん・・・

PR

デートの時の割り勘って

今年の忘年会でのお話です。


同期のK君と、婚活話(?)に花を咲かせました。

K君も私と同じ30代なのですが、


「結婚はいい人と出会えればしたいけど、無理してしたいとまでは思わないかなぁ」


という、中立的な(?)婚活中です。


なので、まぁ、私とはだいぶ立場が違うのですが、
色々とお話して、勉強になったので、そのことを。


ちなみに、K君は、私の予想ではモテます。たぶん。

顔は、スマップの中居君の顔をやさしくしたような感じです。
体の線は細いです。

性格は私と同じでまったりしてるくせに、
女性のタイプは、本人は気付いてないけど、
理想が高いです。

み~んなに優しいけど、特定の彼女をなかなか作らないタイプです。


そういうのをふまえて、進みます。


(二人とも、すでに3杯くらいお酒飲んでます)


私「いや~、結局、今年も彼氏できなかったよぅ」

K「俺も。まぁ、しょうがないじゃん」

私「K君は、男だからいいよ。私なんて、何か、毎日ダイナマイト抱えて生きてるみたいだよ」

K「そこまではないでしょ、まだ。30代じゃん。余裕だよ」

私「まぁ、そう言ってくれるとありがたいけど。でも、世間は結構冷たいよ。いざっとなると」

K「そうかぁ。まだまだいけるよ○○(私の名前)の場合」


こういうところが、優しいK君。
そして、こういう優しさで、きっと女の子を泣かせてきてるK君。


K「そういえばさぁ、この前、俺の友達がさぁ、ちょっとフラれちゃってさぁ」

私「ありゃま」

K「ありゃまって、それは30代でもやばいぞ」

私「そうかな、ごめん。もう言わない。それで?」

K「うん。そのフラれ方っていうのがさ・・・」


どうもK君の友人J君は、
こういう経緯でフラれたらしいんです。


1、一人の女性とカップリングパーティで知り合う
2、お互いに気が合い、交際を開始する
3、5回くらいデートを重ねる
4、突然別れたいと言われる
5、デートでいつも割り勘だから というのが理由らしい


私「にゃるほど。状況はわかったよ」

K「何、その『にゃるほど』って。マイブームなの?」

私「え、そんな風に言われると恥ずかしいけど」

K「でも、○○(私の名前)のそういうとこ、俺、好きだよ。リラックスできて」


またも、変な感じを炸裂させるJ君。
そして、他の人にも、よくこういうことを言ってるJ君。


私「ま、まぁさ。確かに、はじめのうちのデートは、割り勘は嫌だっていう女子はたくさんいるよ」

K「ちょっと待って。もう女子じゃないだろ。女性でしょ」

私「えぇぇ。私、ずっと女子って言いたいよ」

K「分かった。いいよ。それは。んで、割り勘だけどさ、もう古くない? ぜ~んぶ、男が出すのって」

私「まぁねぇ。大変だよね。男の人も。欲しい物とかたくさんありそうだし」

K「う~ん。欲しい物がないとしてもさ、何ていうか、男だって心配なわけじゃん。将来のこと」

私「でも、それだったら、女の子の方が心配だよ。だいたい、男の人よりお給料低いし」

K「でもさ、男の場合、何ていうか、貯金はたくさんあって当たり前みたいな感じで見られたりするしさ、親の面倒のこととかもあるじゃん」


なるほどぅ。親の面倒のことまでK君は考えているのかぁ。


私「でもね、でもね、例えば、ほら、デートで食べたり飲んだりする時もさぁ、大体、男の人の方が、大目に食べたり飲んだりするでしょ」

K「・・・うん、そうだなぁ、確かに」

私「だからさ、少なくとも完全に折半っていうのは、何か納得がいかないって思ってる女子だって多いと思うんだよね」

K「まぁ、それもそうだな。でも、そうじゃない時もあるだろ。例えば、ほら、レストランとかで、食べたりする時って、ああいう時は、一人ひとり決まってるじゃん。自分のが」

私「ううん。そうだね。決まってる時もあるね」

K「でも、やっぱり、そういう時でも、割り勘じゃイヤだって思ってる女子(結局、女子って言ってるK君。ちょっと可愛い)、たくさんいると思うんだよ」

私「そうだねぇ。まぁ、いそうだなぁ。そう考えると、とにかく、どんな状況でも、フィフティフィフティは嫌だって思ってる子多いかも」

K「だろ」

私「うん。ごめんなさい」

K「いや、代表して謝らなくてもいいんだけどね。ちなみに、○○はどうなの?」

私「え? 私? 割り勘がいいよ。だって、何か、借りを作るみたいでさ。でも、僕が出すよって言われたら、無理しては出さないかなぁ。すごく、高かったら出すけど」

K「なるほど」


言うのが遅れましたが、
私はK君のことを好きなわけではありません。

もう長く仕事をしすぎて、
仲間って感じです。
(というより、助けられてばかりで、全然助けてないけれど)


K「それにしてもさ、全部割り勘だったからっていう理由だけで、突然別れようっていうのも、ちょっとひどくないか?」


あぁ、最近、どこかで聞いた気もする・・・


私「まぁ、そうだね」

K「Jもさぁ、そんなに嫌だったんなら、言ってくれれば出したのにって言ってんだよ」

私「まぁまぁ、そう熱くならずに、飲みなさいよっ」


日本酒を小さめのコップについであげると、
いっきに飲むので、もう一杯ついであげます。

自然な流れを装って、自分のコップにもつぎます。


私「ホントは何か他の理由があったんじゃない?」

K「え~~っ。じゃあ、それを言ってくれって感じだよ。だって、割り勘してくれないから別れましょう、って結構、後まで残るダメージだぞ」

私「そうだね。確かに。やっぱり、本気で割り勘が嫌だったのか」

K「まだ結婚するって決まったわけじゃないんだからさ、そんなに共有感覚ないよなぁ」

私「共有感覚って。そんなの女子にはないよ」

K「そう?」

私「そうだよ。目の前のことで精いっぱいだよ」


茶碗蒸しを食べない人がいるので、
私たちのところに回ってきます。

若手(一応)が食べろってことでしょう。
二人とも遠慮なく食べます。


K「あっ、そうそう。顔も結構かっこいいんだぜ。そいつ」

私「えっ。画像ある?」

K「あるよ」


J君の顔は、ちょっと小さいゴリラちゃんって感じ。ムキムキ系。
ぱっと見た感じでは、割り勘とかしなさそう。
でも、平均的女子の感覚から行くと、
多分、かっこいい部類には入らないっぽい。


K「かっこいいでしょ。まずまず」

私「う~ん。好きな人は好きな顔だよ」

K「何、それ。全否定じゃん」


そうじゃないけどさ。
平均的な感覚ってだけでさ。

んもう、男子は仲のいい男の子は、
み~んな、プラス採点しちゃうんだからなぁ。



その後、仕事のことを色々と話して、
そう言えば、と思ってK君に質問。


私「じゃあ、K君もやっぱりデートの時は割り勘なの?」

K「あぁ、俺は出すよ。全部」


しっかり自分は、そうなんだ。
それで、泣かして来てるんだね。



今年の忘年会は、
とてもまったりしてました。

後輩の女の子がカラオケで歌う歌が、
さっぱり分からなすぎて、もう笑っちゃいました。

気持ちが落ち込んでいる時

この前、
ちょっと仕事の量が多くて、悩んでいました。

それに加えて、

ず~っと、彼氏できないなぁ。

とか考えてたら、ダブルショックで、
メンタルがずるりずるりとマイナス方向へ。


何かいいことないかなぁ~と思いながら、
いつもの安売りスーパーへ。



そのスーパーは、
品物が安いのもいいんですが、
すっごく面白いかけ声で、
販売してる店員さんがいて、
ちょっとひいきにしてるんです。


で、その日、すっごく落ち込んでたのに、
その店員さんの掛け声を聞いてたら、
思わず、くすりと笑ってました。


たとえば、こんな風に売ったりします。


「も~やし。も~やしが半額。半額。は~んがく~のも・も・もやしだよ~♪ も・もも・ももも~♪」


文章に書くと、うまく伝わらないけど、
はじめて聞いた人は、絶対笑っちゃうはず。

私もいつも聞いてるんだけど、
途中からツボに入っちゃって、
もう、笑いこらえてるのが厳しくなってきたんです。


その時、こう思ったんです。

あぁ、こういう面白い人って、
色んなときに笑わせてくれそうだなぁ。
こういう人と結婚するっていうのも、
幸せだろうなぁ。
この店員さんいい人そうだなぁ。

いわば、軽いトキメキです。


そう思いながら、
その店員さんがいるコーナーに向かうと、
何と今日は、
もやしのカブリモノとヒゲをつけてるっ!


もう、私、すっごくおかしくって、
他にお客さんがいるのもかまわずに大爆笑。

それがうれしかったのか、
店員さんも、変なもやしダンスみたいなのを踊ってくれる。

私、とうとう「もう、やだぁ」って言って、
絶対、おばちゃんしかやらないような仕草で、
ペシッって店員さんの肩を叩いちゃいました。
(こういうところが、私って田舎っぽいと思う・・・)


本当に、楽しい店員さんです。


それと、その時、こうも思ったんです。

あぁ、やっぱり、
女性って、弱ってる時って、
誰かに頼りたくなるんだなぁ。

でも、そういう時って、
正常な判断ができない時なのかもしれない。

多分、メンタル的にプラスな状態で、
この店員さんを見た場合、
いっくら楽しくても、
男性としては見ないのかもなぁ。


とか、そんなことを考えました。


だって、今まで何回もそのスーパーに行ってるのに、
落ち込んでるときに限って、
ちょっとした恋心をいだいちゃうって、
なんとな~く、頭がうまく働いてなさそうな気がします。


そんなことを考えたある12月のとある一日でした。


(おまけ)
親戚の子どもがあまりにも可愛くて、
送ってきてくれた写真に思わずキスしそうになっちゃいました。

私って、多分、今、
母性本能っぽいやつが処理しきれてないのかなぁ。

Y美に相談したら、

「ただの欲求不満じゃない?」

とか言われそう。

  
Copyright ©  -- 30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]