忍者ブログ

30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館

30代の婚活や30代女性にまつわる色々な話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハイテンションな男の子

ある合コンでのお話。


超ハイテンションな男の子のお話。

長いです。



その時の合コンは、
4対4で男性は3人が30代後半で、1人だけ20代。
男性陣は、ちょっとキザっぽいけど、
イケメン的な感じです。

何か、今日は、女子の顔がいつもより輝いている気がする。


と、淡い期待もつかのま。


合コンが始まるとすぐに、
男性陣が話し始めたのですが、
これが、けっこう、マシンガントーク気味。


女性陣は、聞く一方です。


その後もそういうペースは続き、
30分もたった頃には、
女性陣ちょっとしらけムード。


う~ん、一番良くない展開・・・


そのうち、
女性陣は、女性同士で話しはじめ、
男性陣は、男性同士で話しはじめ、
一体、何のための合コンなのか・・・


ちょっと、空気変えたいなぁ、と思いながら、
男性陣の話に耳を傾けていると、
私の知ってる話題がっ!

ここだっ!

「それ、私も知ってますよ」

というと、ようやく入ってきたか! って感じの表情。

ほっとした私。せっかくだから、お話しなきゃね。



でも、ほっとしたのも、つかのま。


男性陣、せっかく流れ変えるチャンスだったのに、
私の方しか向いてしゃべんない。
これをきっかけに、
他の可愛い子ちゃんたちに、
話をふったりして取り込めばいいのにぃ。


こうやって、
私の作戦は失敗に終わり、
どうやら、お互い携帯番号の交換すらすることなく、
悲しいパターンの合コンになっちゃいました。


・・・と、思いきや、


お会計の時に、猛然と近寄ってくる男性が一人。
さっきまでは、席が遠くて、
あんまりしゃべらなかった20代のJ君。


「携帯番号教えてもらっていいっすかっ! ダメっすかっ!」


えぇっ! さっきまで、あの空気だったのにっ!


私以外の女子3人も、ちょっと驚きの表情。


「俺、○○さん(私のこと)みたいな人、すっげぇいいと思いますっ!」


えぇっ! なんか、ちょっと告白気味っ!


でも、私は、本当に申し訳ないけど、
さっきまでの空気超重いムードのおかけげで、
気疲れしちゃって、
早く帰りたい気分。


私のこと気に入ったのだって、
がんばって男性陣の話を聞いてるのが健気にうつっただけだよ。
くぅ。裏目だぁ。


しかも、私だけに聞くのかよぅ。番号。
ちょっと、気まずいなぁ・・・


そう思ったけど、
さすがに、番号聞かれただけで、
かたくなに拒絶するのも、
難しいので、一応教えました。


うれしそうな彼の顔。


・・・違うんだよ。ボーイ。

ああいう重い空気の時は、
ちょっとした女子の優しさだけでも、すごく良く見えるんだよ。


そう思いながらも、
まぁ、とりあえず帰るかっと気分を取り直そうとしていると、


「○○さん、今日、もう少し飲みませんか?」


えぇっ! 他の女子をさしおいて、ふたりでいくのっ?

生ぬるい真夏のプールのような、この、ぬめりとした空気の中をっ?


ちらっと残りの女子の方を見ると、
こっちを見てて、なぜか、楽しそう。


どういうことだよっ! 女子っ! さっき、一番がんばってたの私だったのにっ!


「行っておいでよ、○○ちゃん。私たち大丈夫だよ」


しかも、後押しかよっ! くぅ、明日の昼休み、おぼえてろぅ~。


女子たちの思わぬ援護を受け、

「ですよね~。まだ、時間大丈夫ですよねぇ」

とか言ってる20代少年。


どうして、その気さくそうな顔を、
さっきできなかったのだっ!


「いや、明日仕事もあるし。今日は遠慮しておきます」


と、やっとの思いで断ると、


「じゃぁ、送っていきますよ。家まで」


こりゃぁ~~~。


いい加減、空気読んでくれよぅ!
今日はもう帰りたいんだよ~。
結構、今、顔に出してるよっ、私っ。


それに、合コンのたびに、家まで送ってたら、
交通費大変なことになるよっ!
(大事なのは、そこじゃない)


「じゃあ、電車だけ。○○さん(私のこと)の最寄駅、同じ方向だし」


ん? そうなの? 

まぁ、電車だけだったらいいか。
変に断る必要もないか。
帰りの電車が、一緒なだけだし。


意地悪女子3人の好奇の目を背に受けながら、
帰る私と20代少年。


しかも、彼、


「それでは、いってきま~す」


とか言って、女子たちに手を振ってる。


っつ! 何か、イヤっ!


・・・まぁ、いいよ。もう、後は帰るだけ。おうちに帰るだけだし。


電車の中でも、話し続けるJ君。 

中学の時に好きだった音楽からはじまり、
うちのおばあちゃんは、世界一優しいという話まで、
じっくりと聞かされました。


「次は○○駅~」


ふぅ。やっと着いた。これで、後は、テクテクと帰るだけだ。
何か、ちょっぴり悪い予感がするけど、大丈夫だろう。


「家まで、送らせてください」


いや~~~ん。やっぱりぃぃぃぃ!


「いいよ、ホントに。J君だって、明日仕事でしょ。それに、私の家、すぐそこだし」


それを聞いて、ニヤリとJ君。


「すぐそこなら、時間とらないから大丈夫っす!」


また、裏目だよ、私。


当然のことのように、電車を降りるJ君。
その足取りは、インパラのように軽い。


今、そのフットワークいらないよっ!


当然のように改札を出るJ君。
さすがに、このまま家に着いてこられるのは抵抗があるので、
どうしようと迷っていると、
目に入った、とあるファミレス。


しょうがない。
かなり面倒くさいけど、もう少しお話してから帰ろう。
これも、ズバッと言えない私の性格のせいだ。


「いいんすか?」

「もうちょっとだけ、でも、すぐ帰りましょうね」


あぁ、もう、紅茶とかくらいしか、注文したいのないなぁ・・・

そう思いながら、メニューを眺めていると、


「僕、もうちょっと飲んでいいっすかっ!」


・・・もう、飲みなよっ! 好きなだけっ!


「すいませ~~~ん。あっ、え~っと、ビール大で!」


ここから、大ジョッキかよぅ。もう、やめてくりぃ。


「それと、ミックスピザ」


ピザもかよっ! 徹夜明けの大学生かよっ! もうついていけないよ・・・


「大丈夫ですよ。食べれなかったら、僕、3分の2くらい食べれますから」


3分の1は、私の受け持ちかよぅ。せめて、一言、聞いてくれよぅ。



・・・そんな感じで、もうヘトヘト。


30分くらいしかファミレスにはいなかったはずなのに、
ものすごく長い間、散歩したくらい疲れてる私。


ここで、J君、奇妙な行動に出る。


トイレに行ってきます。と言って、
すぐに戻ってきたのはいいが、
なぜか、ソファに座っている、私の隣に腰かけようとする。


「えっ? 椅子に座らないの?」

「近くがいいんです」


えぇっ! いくらなんでも、それはないだろ。
もはや、驚きを通り越して、危機感をおぼえはじめた私。


そこで、J君の口からおどろきの一言がっ!


「て、てっ、手をつないでいいですかっ」


!!!!!


一言で言うよ。J君。


ダメだよっ!


付き合ってもないのに、
ソファ側に並んで座ってるだけでも(しかも、結構近い)、
十分おかしいのに、
その上に、
手なんてつなげないよっ。


しかも、これまで、全然、そんな雰囲気になってないでしょっ!


んもう、さすがに、頭にきて(というか、もう、考えるのに疲れちゃって)、


「さすがに迷惑だよ、J君」


と言いました。

・・・遅すぎるのは、十分、承知ですが。


ちらっっと横を見ると、


J君、大ショックの表情っ!


「・・・ほんと、ごめんなさい」


と静まり返るJ君。冷めたミックスピザのようにしょぼんとなった。


何と言えばいいのか、
分かんなくって、黙ってたら、


「でも、ホントに好きになったのは、嘘じゃないんで。色々、強引なのは、悪かったです。でも、ホントに好きになっちゃったから」



う~ん。しょんな顔しても、ダメだよ。


私「手はつながないから。ほら、そっちの席いって」

J君「やっぱ、ダメっすか?」


ダメだよ。ダメ百点満点だよ。


がっかりしながらも、
ようやく、元の席に戻ってくれたJ君。


初めて会った時は、
ぴんぴんしてて、しっかり固めてるなぁと感心してた髪の毛も、
今ではもう、広がっちゃったパイナップルのよう。


「だいたいさぁ、私の手なんて握ってどうするの? ただ、ちょっとムニムニしてるだけだよ」

「理由とかはないっす。ただ、手がつなぎたかっただけです」


よく分かんないけど、本能ってこと?


もったいないので、無理してミックスピザの残りを胃の中に入れて、店を出ました。


さすがに、もう家まで送って行くとは言わないJ君。
私も、もちろん何も言わない。
また、妙な期待(全然させてる気はないんだけど)されても困るから。


J君「今日は、本当にありがとうございました。楽しかったです」

私「・・・うん」

J君「それと、すいませんでした。無理いって。色々」

私「・・・うん、もういいよ」

J君「でも、僕、分かってたから・・・分かってたから、やっちゃったんです。許してください」

私「分かってたって何が?」




J君「今日が終わったら、もう二度と会ってくれなかったでしょ」




な~んか、不覚にも、
ちょっと体が揺れてしまった。

少なくとも、軽い気持ではなかったのかもなぁ。



j君「だから、最後に一回だけ手握っていいですか」



だから、それはダメだって!





と、長い長いお話でしたが、
こんなことがありました。

色々と、波乱万丈でしたが、
ちょっと忘れられない思い出にはなりそうです。

PR
  
Copyright ©  -- 30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]