忍者ブログ

30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館

30代の婚活や30代女性にまつわる色々な話。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

30代の合コン 男性目線

先日、
なぜか久々の合コンに向かっている私。


え? Sさんはどうしたんだって?


それには、
ちょっとした理由があるのです。



私は、今、Sさんが好きです。
しかも、猛烈に。

だから、
本当は合コンなんて行きたくない。

行っても、
Sさん以上に、
絶対好きになれる人なんていないだろうし。

しかも、
私、もう、Sさんに「好きですっ」って告白してるから、
何て言うか、
それって、


他に好きな人はいません。あなただけです


っていう宣言にもなってるだろうから、
合コンなんて、
本当に行きたくないんです。



んでもね、
これまでの、なが~~~~い合コン生活の中で、
色々と、女性同士の付き合いというか、
妙な信用というか、
そういうのものあって、


合コンに誘われると、断りにくい雰囲気


っていうのが、
できあがっていて、
どうしても参加しないといけなかったのです。


もちろん、
Sさんとホントに両想いになって、
付き合うことができてたら、


「私、彼氏できたんだぁ」


と言って、
断れるんだろうけど、
残念だけど片思いだから(涙はガマン)、
なかなか強く断れない。


っていうか、
数人、合コンの猛者女子もいて、
とても断れる雰囲気ではない。



・・・という経緯で、
合コンに参加せざるを得なかったわけであります。


もう、ほんとは、
Sさんとの新婚旅行のために、
コツコツ貯金しときたかったのに(本気です)。




さてさて、
合コンに参加すると言っても、
もう、そこで彼氏を作る気がないってことになると、
やっぱり、オシャレも、
ちょっと適当になっちゃいます。

準備も、
Sさんとのデートの時の5分の1くらいの時間で終了。

もう、ほとんど、
部屋にいるときと髪型変わりません。
(いくらなんでも、手を抜きすぎ)


待ち合わせ場所に向かいながら、


「今日は、盛り上げ役でもやってみるかなぁ」


などと考えてる私。

どうせ、人前にでるとうまくしゃべれないくせに。



今回のお相手は、
公務員のみなさまです。

県庁職員の方が3人と、
ちょっと珍しい官庁(?)の方が1人です。

こっちは、
私と、仕事つながりの合コン仲間の3人。


4対4の居酒屋合コンです。


私の田舎では、
むか~しから、


「結婚するなら公務員よ」


というのが、
親たちの口癖だったのですが、
最近は、都会でも公務員の男性って、
すごく人気なんですね。

今回、参加した女子たちも、


「公務員はいいよぅ。信用が一番あるからね」


と言ってました。

とにかく、
旦那様が公務員だと、
たとえば、
色んなローンを組むときなど、
すっごく有利らしいです。

やっぱり、
リストラとかないからでしょうね。

所得水準も、
かなり高いらしいし。


ふぅ。


お金のこと考え始めると、
頭が痛くなってくるなぁ。




私の目の前に座ったのは、
ちょっと、カレーパンマンに似てる男性。

目元が、すごくやさしそうで、
私は、好感を持ちました。


ちょっとお酒を飲んだ後、


「お休みの日とか何してるんですか」


と質問されます。


「Sさんとのデートのことを妄想してます」


ってホントのことを答えたかったけど、
店から追い出されるといけないので、


「散歩とか、ヨガとかやってます」


と答えました。

でも、こうやって答えてみると、
何となく、お友達少なそうな感じがするなぁ。


聞かれたら、
同じことを聞き返すのが礼儀(?)なので、


「どんなことされてます?」


と聞くと、
目がキラリンと光って、


「釣りです!」


と元気な返事。

小学校なら、花丸です。


これから、
40分ほど、延々と釣りの魅力について話されました。

私も、男性の話を聞くのは好きなのですが、
さすがに居酒屋で、
釣りの話を40分はキツかったです。


おかげで、
近くの釣り場スポットと、
何が狙い目か、
ちょっと詳しくなっちゃいました。


散々、しゃべったあげく、


「あぁ。○○さん(私のこと)とは、相性があうなぁ」


だって。


そっちが、一方的に話してただけだよっ!


私なんて、
高校時代に彼氏に連れていってもらって以来、
つりざお握ってないんだからっ。

(高校時代のことは、トラウマぶり返すので、ここでヤメ)



その後、
プチ席替えがあって、
今度は官庁(?)の方の目の前になりました。


この方は、
お仕事の話をしてくれました。

私は、
男性のお仕事の話を聞くのが好きなので、
こちらは、
飽きることなく聞くことができました。


う~ん。なかなか、公務員も大変そうねぇ。
暇な人は暇って言ってたけど、
忙しい人は、サービス残業バリバリらしいですよ。


月に100時間超しちゃう人もいるとか。


それで、
同じ給料だったら、
ヤだなぁ。



ちなみに、
この方は、カマキリに顔が似てました。

(以前、カマキリに似てる人がブログで出てきたのですが、
その方より、もうちょっと細い、ホソカマキリです)


Nちゃんのおかげで、
私も、合コン相手が何に似ているかを、
考えるようになっちゃいました。

ちょっと、失礼だなぁ。



結局、その男性2人と話して、
2次会に行きました。


彼氏を探そうっていう気がないせいか、
2次会の1時間くらい経った頃から、
猛烈に眠くなってきたので、
ちょうどいい雰囲気の時に、
抜けだしてきました。


ふぅ。


家に帰って、
服を脱いで、
お風呂に入って、
ヨガをしたら、
すっかり目が覚めてしまって、
Sさんから届いたメールを、
はじめのやつから全部読み返しました。


ちなみに、
Sさんからのメールを全部保存してあるフォルダは、

ラブフォルダ

と名前がつけてあります。

気が付いたら、
そう入力してたので、
もう、しょうがないことです。


2回、全部読み返して、
ちょっと幸せな気分になったので、
布団に入りました。



夢の世界の入り口で、

「Sさん、合コンとか行ってゴメンね」

と謝りました。




(おまけ)


さりげなく今回の合コンのことを書いたのですが、
私以外の女子にとっては、
すごく良い合コンだったらしく、
もしかしたら、
この中からカップル成立するかもしれません。

もし、
そうなったら、公務員関係の、
婚活的な話とか聞けるかもしれないので、
また、報告します。

PR
  
Copyright ©  -- 30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]