忍者ブログ

30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館

30代の婚活や30代女性にまつわる色々な話。

カテゴリー「30代の婚活 体験記」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっとイマイチだった合コン

ちょっと前に、
また、合コンに誘われたので、行ってきました。

このブログに、ちょくちょく顔を出しているY美も一緒です。


なのですが、
う~ん。イマイチ盛り上がらなかったなぁ。


今回は、3対3の合コンでした。
まぁ、私たちのノリも悪かったのかもしれませんが、
どちらかというと、
マイナス発言が多い男の方たちで、


あれっ? どうして、そんなこと言うのかなぁ。


と、首をかしげたことが、何度か。


まぁ、それでも、
私は男の人の話を聞くのが嫌いではないので、
まだ、よかったのですが、
もう、Y美なんて、
途中から、明らかにプンプン顔。


う~ん。分かりやすすぎる・・・でも、ちょっとだけ、うらやましいかも。
ちょっとだけ。



たとえば、こんな流れ。


「○○ちゃん(私のこと)は、どれくらい彼氏いないの?」

「えぇっと、もう、何年もいないです」

「えぇ、嘘だ。モテそうじゃん。別に、嘘つかなくっても、大丈夫だから。こんなオジサンたち相手じゃ、つまんないんじゃない?」

「そんなことないですよ。お話、面白いです」

「またまたぁ。話、合わせるのうまいんだから。ホントは、うわぁ、今日、オヤジばっかじゃん、とか、思ってんでしょ」

「い、いえ、ホントに思ってないですよ。ホントに」

「いいんだって、無理しなくって。もう、俺たちは、可愛い子と飲めるだけで、ごちそうさんって感じだから。口説こうなんて、思ってないからさ。ホントごめんねぇ。何か、オヤジばっかで」

「は、はぁ」


何と言えばいいか、さっぱり分かりませんでした。
何を言っても、同じ流れになっちゃうし・・・



Y美と男性のからみ・・・


「Y美ちゃんって、あんまり結婚に向いてる感じしないなぁ。ずっと、一人の方が、自由でいいんじゃない?」

「(ムッとした顔で、でも、まだ押さえてる)そんなことないですよぅ。やっぱり、結婚したいです。一人じゃつまんないから」

「でも、仕事とかもバリバリやってそうな感じだしさぁ。子供とかできちゃうと大変だよ」

「(なぜ男のお前にそんなこと言われなきゃいけないんだ、という顔で)え~っ、私、子供好きですよ」

「じゃあ、参観日とかも行っちゃう?」

「(当然だろという顔で)行きますよ。普通に」

「え~、絶対目立つタイプだよ。教室の後ろに並んでて」

「(般若のような顔で)あっ、そうですかっ!」



最後は、これぞ、捨て台詞って感じでした。
隣で見てて、ヒヤヒヤしました。


しかし、私たちのことを可愛い、可愛いと言う割には、
(実際は、そんなに思ってないんだろうけど)
自分たちをオトしてばかりで、
な~んか、ちょっと空周りしてるかなぁ、って感じでした。


とにかく、話がかみあわない・・・
そんなに、見た目が悪いわけじゃないんですけどね。
もしかすると、Y美の戦闘服(Y美の営業服。Y美は仕事を戦いだと思っている)が、
まぶしかったのかも。



男の人たちと別れて、
Y美ともう一人のお友達Nちゃんと、
気さくなバーにいきました。


久しぶりにカルアミルクを飲みました。


うまし!


甘くて、おいしくて、
いっきに不満がふっとびましたよ。
Nちゃんも、このカルアミルクうまし! と言ってました。


ただ一人、Y美だけが、


「このジンライム、何か気取ってない?」


と、不満顔。どうやら、今日は、ジンライムにまで、因縁をつけたいようです。



その後、Y美にこの前上司Mから聞いた、
男性から見た結婚に対する考えというものを一部教えてあげました。


一通り聞いた後、


「どっちかっていうと、私が男になったほうがいいんじゃない?」


と一言。


う~ん、それは、それで危険だなぁ。
でも、結婚したら飽きはしないだろうなぁ。



(今日のおちゃめなY美)

Y美がトイレに言っている時に、

「Y美、トイレから帰ってきたら、絶対、キスチョコ頼むよ」

と、コソコソNちゃんに教えてあげていると、
いすに座った途端に、

「マスター、キスチョコちょうだい」

だって。やっぱり。



っていうか、その人マスターじゃないよ。ただのバイトの子だよ。






その後、その若者バイト君に、

「ねぇ、何歳年上までアリ?」

としつこく絡んでいました。
オヤジだな、と、私は思いました。

PR

オシャレな商社マンとの合コン

今回は、4対4の合コンだったのですが、
男性陣の2人がお仕事で遅れるという、
よくある展開でスタート。


なかなか、2人とも顔がいいなぁと思いながら、
自己紹介などをしていると、
すでにY美の目が血走っています。


どうやら、ビンゴのご様子。



「○○商社で働いています。○○です」


と一人の男性が言うと、


「え? 商社マンなんですか?」


と、素早く喰いつくY美。
その姿は、えさを一週間もらっていなかった金魚のよう。


Y美の頭の中には 


商社マン = お金持ち(イケメン風)


という思い込みがあるようで、
商社マンが大好きなようです。


話しているうちに、


「商社マンっていっても、そんなに金持ってるわけじゃないですよ」


と男性Aさん。


そんなに金持ってるわけじゃないっていう言い方が、
すでにお金持ちっぽいじゃない・・・

と、ハンカチを噛んでいると、

Y美が、こっちを見ている。


「私、この人に決めたわ」


とその目が言っています。
もう、他の女子のことなんて、一切無視です。


やがて、あとの二人もやってきて、
2次会は、ちょっとオシャレなバーに連れていってもらいました。


でも、私、
オシャレなバーとかに馴染めなくて、
服も全然だし(普段着+2くらい)。

ちょっと、テンション下がり気味。


でも、Y美はテンション2倍くらい。
カクテルも3杯目に突入です。

「カクテルって、色がついてるから美味しいよね」

と、意味のわからない発言で、
男性陣を混乱させます。


トイレに行ったときに、
後からY美もやってきて、

「私、結婚したいって、ようやく分かった」

って、そっと耳打ちしました。


なに一人で女優になっちゃってんのよ!



その後、またお話をして、
メルアドと携帯番号を交換して、
今回はおとなしく帰りました。
(もちろん、前回みたいなカラオケはなしです)

30代なのに大学生みたいな合コン その後

昨日の真夜中と、今日のお昼に、
昨日の合コンの相手の一人の方からメールが届きました。


う~ん。


まだメールだけだから、
分からないけど、
ちょっとリズムがあわない感じかなぁ。


何となくだけど、
言葉遣いが軽い感じのような気がして、
乗り気になれないかもです。


まじめっぽい男の人のほうが、
私には向いているのかもしれません。
と、自分では考えています。


みなさんは、
これくらいの気持ちの状態でも、
デートに誘われたら、一応いってみますか?


何となく、次くらい誘われそうなきがするけど、
たぶん、私は行かない。です。


本当に声をかけてくれて、ありがたいと思っています。
でも、色々、むずかしいです。



さてさて、
話は変わるのですが、
今日は職場の先輩と、夕方ジョギングというものをしました。


「今日、走るぞ」


と、その先輩(既婚女子)が言うので、
ジャージを着て、ちょっとだけ走ってきましたよ。

久しぶりに走ると、気持ちいいっ!


でも、ふくらはぎが痛いっ。いいっ。

  
Copyright ©  -- 30代の婚活 独身女性たちの叫び 別館 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]